ミラーマンREFLEXとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ミラーマンREFLEXの意味・解説 

ミラーマン REFLEX

原題:表記なし
製作国:日本
製作年:2005
配給:バップ・ゼリアスエンタープライズ
スタッフ
監督:小中和哉 コナカカズヤ
製作:大山茂樹 オオヤマシゲキ

長富忠裕 ナガトミタダヒロ
プロデューサー:表有希子 オモテユキコ

近貞博 
アソシエイト・プロデューサー:今井朝幸 イマイ

岡川晃基 
脚本:小中千昭 コナカチアキ
企画:江藤直行 エトウナオユキ
撮影:志賀葉一 シガヨウイチ
音楽:TAK-MI タクミ
音楽プロデューサー:玉川静 

穂山賢一 ホヤマケンイチ
編集:松木朗 
その他:満田かずほ ミツタカズホ

大岡新一 オオオカシンイチ

大島満 オオシマミツル

田靡秀樹 タマヒデキ
照明:赤津淳一 アカヅジュンイチ
闘技監督:谷垣健治 タニガキケンジ
キャスト(役名
唐渡亮 カラトリョウ (影山鑑)
石田未来 イシダミク (ももそ)
伊藤裕子 イトウユウコ (緋呂亜佐美
石田信之 イシダノブユキ (影山太郎
三輪ひとみ ミワヒトミ (砂雅)
伊藤克信 イトウカツノブ
松山鷹志 マツヤマタカシ
北岡龍貴 キタオカリュウキ
小沢和義 オザワカズヨシ (矢尻一郎
解説
等身大悩めるヒーローとして70年代カルト的な人気を博した特撮番組ミラーマン』を、設定デザインなど大きくアレンジして劇場映画化監督脚本は、平成ウルトラマンシリーズ小中千昭(兄・脚本)と小中和哉(弟・監督)。出演は「猿飛佐助 II 闇の軍団」の唐渡亮、「猫目小僧」の石田未来元祖ミラーマンを演じた石田信之特別出演している。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
城南工業大学研究員・緋呂亜佐美伊藤裕子)は、古代鏡に書かれた文字解読作業続けていた。ある日、亜佐美はストリーミング・ラジオ局「冥府からのラジオ放送」から聞こえてくる男の声に心を囚われた。「鏡の彼方には、幽世かくりよ)という冥府広がる幽世潜む邪仙(じゃせん)は、顕界うつしよ)の心と躯を奪う」。その言葉ヒントを得た亜佐美は、ファブリ・ペロー共振原理思い出す。ふたつの鏡を向かい合わせると、神代文字幻像浮かんできた。亜佐美は憑かれたように、文字音読する。無意識に“言霊”を発した亜佐美前に黒いコートの男現れた。男は、亜佐美が“言霊”を見つけるのを待っていたと言う。亜佐美その男・轡(くつわ)に捕われ碑文解読研究スポンサー矢尻政策研究所」へ連れて行かれる。亜佐美発見した“言霊”によって、恐ろしい事態が起ころうとしていた。

ミラーマンREFLEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 13:02 UTC 版)

ミラーマンREFLEX(ミラーマンリフレックス)は、2006年に発売された特撮オリジナルビデオ[1]。全3話。先行して劇場公開されたことから映画作品として扱われることもある[2][3]




注釈

  1. ^ 『宇宙船YEARBOOK2006』では斧[4]、『円谷プロ全怪獣図鑑』では半円の短剣[1]と記載している。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、352 - 353頁。ISBN 9784096820742
  2. ^ ミラーマンREFLEX - allcinema
  3. ^ 『円谷ヒーロー ウルトラマン全史』 講談社 編、講談社〈講談社MOOK〉、2013年、96頁。ISBN 978-4-06-389762-3
  4. ^ a b c 『宇宙船YEARBOOK2006』 朝日ソノラマ、2006年、42頁。ISBN 4257130865


「ミラーマンREFLEX」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミラーマンREFLEX」の関連用語

ミラーマンREFLEXのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミラーマンREFLEXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミラーマンREFLEX (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS