フラッグシップモデルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > フラッグシップモデルの意味・解説 

フラッグシップモデル

別名:フラッグシップフラグシップフラグシップモデル
【英】Flagship Model

フラッグシップモデルとは、複数モデル製造される製品シリーズのうち最も上位位置づけられる製品モデルを指す言い方である。

フラッグシップモデルは、一連の製品シリーズの中で最も高品位機能性能品質備えたモデルである。製造者側の技術集結され製造される、いわば最も妥協のない製品といえる最先端技術多く盛り込まれ製品素材上質で高品位なものが選ばれるため、価格高額になりやすい。

製品等級を示す言い方としては、上位クラス一般意味するハイエンドモデル」という言い方もある。フラッグシップモデルはハイエンドモデルよりも一段上位置づけられる。いわばシリーズの「顔」として、製品市場において特別に注目される

フラッグシップ」の語は、もともとは「旗艦」を意味する。つまり司令官乗船している艦船のことである。英語では電子機器に限らず同種のもののうち最も優れたもの、最も重要なもの」という意味用いられる


フラグシップ機

(フラッグシップモデル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 00:56 UTC 版)

フラグシップ機(フラグシップき、flagship model)は、ある分野で複数の製品を製造・販売するメーカーの商品群の中で、メーカーの象徴的存在となる製品やメーカーが技術の総力を揚げて取り組んだ製品を指し、フラグシップモデルフラグシップ(フラッグシップ)と称され、通常はメーカーの最高価格や最高級の製品が多い。


  1. ^ わざわざ別に設計したり、生産ラインを複数用意するコストのほうが高いだろうといったような商品の場合、筐体に押しボタンが存在していないだけで、内部は全く同じ、といった製品のこともある。


「フラグシップ機」の続きの解説一覧

「フラッグシップモデル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フラッグシップモデル」の関連用語

フラッグシップモデルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フラッグシップモデルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフラッグシップモデルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフラグシップ機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS