ソフトフォークとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ソフトフォークの意味・解説 

ソフト‐フォーク【soft fork】

継続運用しているシステムに、何らかの変更が加わって新規システムが派生する際、旧システムと新システムの間に互換性が保たれること。⇔ハードフォーク


ソフトフォーク

【英】soft-fork

ソフトフォークとは、システム仕様変更に伴う分岐派生システム登場方法のうち、新システム従来システムとの間で互換性を保ったまま分岐させる方法のことである。

ソフトフォークはもっぱらハードフォーク」との対比において言及される。ハードフォーク互換性確保しない形で派生分岐する方法である。

ソフトフォークによって併存することとなる新旧システムは、いわばひとつのシステムの中で異な仕様ルール併存するような形となる。このためどちらか一方システム主流となって他を代替する形にならない場合ルール混乱招きすいとされる。

2017年8月ビットコインから「ビットコインキャッシュ」と呼ばれるフォークハードフォークとして登場した。これを受けてハードフォークおよびソフトフォークという考え方にも耳目が集まっている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソフトフォーク」の関連用語

ソフトフォークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソフトフォークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソフトフォークの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS