ストレス応答とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ストレス応答の意味・解説 

ストレス応答


ストレス反応

同義/類義語:ストレス応答
英訳・(英)同義/類義語:stress response

細胞器官個体、群の各レベルで、通常状態の量を超え外部から掛けられる物理的化学的生物学的負荷に対して応答すること。

ストレス応答

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 10:05 UTC 版)

Mef2」の記事における「ストレス応答」の解説

成体組織では、Mef2タンパク質心肥大時のストレス応答や心筋骨格筋組織リモデリング調節する

※この「ストレス応答」の解説は、「Mef2」の解説の一部です。
「ストレス応答」を含む「Mef2」の記事については、「Mef2」の概要を参照ください。


ストレス応答

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/12 09:08 UTC 版)

フェリチン」の記事における「ストレス応答」の解説

フェリチン濃度は、低酸素症といったストレス応答して増加するこのためフェリチン急性期タンパク質である。

※この「ストレス応答」の解説は、「フェリチン」の解説の一部です。
「ストレス応答」を含む「フェリチン」の記事については、「フェリチン」の概要を参照ください。


ストレス応答

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 14:40 UTC 版)

核内倍加」の記事における「ストレス応答」の解説

植物の研究からは、核内倍加にストレス応答を調節する役割がある可能性示唆されている。植物における核内倍加抑制因子であるE2feの発現操作した実験からは、乾燥ストレスサイズ与え負の影響は多倍性の増加によって低減されることが示された植物固着性あるため環境条件への適応能力必要であることを考えると、植物広範にみられる多倍体化発生可塑性寄与しているという考え魅力的である。

※この「ストレス応答」の解説は、「核内倍加」の解説の一部です。
「ストレス応答」を含む「核内倍加」の記事については、「核内倍加」の概要を参照ください。


ストレス応答

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 15:40 UTC 版)

G0期」の記事における「ストレス応答」の解説

長期間静止状態にある幹細胞は、しばしば酸化ストレスのようなさまざまな環境ストレス因子直面する。しかし、これらの細胞このようなストレス因子応答するいくつかの機構備えている例えば、FOXO転写因子活性酸素種存在応答しHIF1AとLKB1は低酸素状態に応答する造血幹細胞では、代謝ストレス応答してオートファジー誘導される

※この「ストレス応答」の解説は、「G0期」の解説の一部です。
「ストレス応答」を含む「G0期」の記事については、「G0期」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ストレス応答」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ストレス応答のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストレス応答のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMef2 (改訂履歴)、フェリチン (改訂履歴)、核内倍加 (改訂履歴)、G0期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS