カテゴリー・キラーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > > カテゴリー・キラーの意味・解説 

カテゴリー‐キラー【category killer】


カテゴリー・キラー

玩具であるとか家電製品であるとか特定の商品分野(カテゴリー)に絞り込ん販売する小売形態百貨店売場専門店では、この形態店舗比べ商品奥行き深さ超低価格対抗できず、そのカテゴリーから撤退せざるをえなくなることからカテゴリー・キラーの名がついた。米国では、ホームデポトイザラスロウズベストバイサーキットシティオフィスデポがある。

カテゴリーキラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 23:30 UTC 版)

カテゴリーキラー: Category killer)とは、家電や衣料品など、特定の分野(カテゴリ)の商品のみを豊富に品揃えし、低価格で販売する小売店業態。カテゴリーキラーが進出すると、商圏内の総合スーパー百貨店は、そのカテゴリーの取扱を縮小もしくは撤退に追い込まれることからこう呼ばれている。近年では「パワーセンター」と呼ばれる、異業種の複数のカテゴリーキラーで構成されたショッピングセンターも増加している。




「カテゴリーキラー」の続きの解説一覧



カテゴリー・キラーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カテゴリー・キラーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カテゴリー・キラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカテゴリーキラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS