ウルグとは? わかりやすく解説

ウルグ

名前 Ulug

ウルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:59 UTC 版)

ワールド・ネバーランド2 〜プルト共和国物語〜」の記事における「ウルグ」の解説

ウルグは漁業の「リム」、農業の「バハ」、鉱業の「ガアチ」の3つの組織がある。 リムウルグでは竿、バハウルグでは鎌、ガアチウルグではカナヅチ借りて仕事をするしたがって、所属ウルグ以外で採集作業をすることはできない。ただし、アルバイトリムでは貝、バハでは、ガアチでは小石採集)は可能。 バハウルグの農産物とリムウルグのカイモドキ以外の水産物は、料理用いることもできる。 ウルグ長は、まだ役職ついていない者で、仕事ランク上位3名の者の中から選挙決める。 ウルグは、途中で転職することも可能である。ウルグ長は、勧誘するともできるオルルド王国では上級オルグが行っていた運送仕事を、プルト共和国ではカラ呼ばれるカラクリ人形が行う。 市場のほかに個人商店リムの店、バハの店、ガアチの店)が存在し、各ウルグより1名、ウルグ長から指名された者は休日昼間に店を経営できる。

※この「ウルグ」の解説は、「ワールド・ネバーランド2 〜プルト共和国物語〜」の解説の一部です。
「ウルグ」を含む「ワールド・ネバーランド2 〜プルト共和国物語〜」の記事については、「ワールド・ネバーランド2 〜プルト共和国物語〜」の概要を参照ください。


ウルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 02:21 UTC 版)

沙羅曼蛇」の記事における「ウルグ」の解説

ステージ1終盤登場する中型雑魚見た目ただの肉塊で、網目細胞地帯何もせずに浮遊している。弾を撃ち込む肥大化した末に潰れる。高次になると通常弾を出すようになる

※この「ウルグ」の解説は、「沙羅曼蛇」の解説の一部です。
「ウルグ」を含む「沙羅曼蛇」の記事については、「沙羅曼蛇」の概要を参照ください。


ウルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 15:15 UTC 版)

ゴーレム (グラディウス)」の記事における「ウルグ」の解説

沙羅曼蛇』・『ライフフォース』のステージ1登場する中型ザコ見た目ただの肉塊で、網目細胞地帯何もせずに浮遊している。攻撃を加えるごとに膨張し最後破裂する高次になると通常弾を出すようになる

※この「ウルグ」の解説は、「ゴーレム (グラディウス)」の解説の一部です。
「ウルグ」を含む「ゴーレム (グラディウス)」の記事については、「ゴーレム (グラディウス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウルグ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ウルグ」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウルグ」の関連用語

ウルグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウルグのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワールド・ネバーランド2 〜プルト共和国物語〜 (改訂履歴)、沙羅曼蛇 (改訂履歴)、ゴーレム (グラディウス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS