ウラン濃縮施設とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ウラン濃縮施設の意味・解説 

ウラン濃縮施設

読み方:ウランのうしゅくしせつ
英語:Uranium Enrichment Plant

天然資源として得られるウランから、核分裂を起こさないウラン238核分裂しやすいウラン235分離し、ウラン235含まれる割合高めた「濃縮ウラン」を生成するために利用される。

分離方法としては、遠心分離ガス拡散などの方式がある。日本では遠心分離方式採用されており、米国などではガス拡散方式多く採用されている。

濃縮ウラン核燃料として条件がよく、原子力発電における主要な燃料として利用されているが、ほぼ同じ生成原理核兵器製造することが可能であり、しばしば議論の的となっている。2010年11月21日には、北朝鮮遠心分離式のウラン濃縮施設を保有していることが報道され話題を呼んだ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウラン濃縮施設」の関連用語

ウラン濃縮施設のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウラン濃縮施設のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS