ウィーン・ブリッジ発振回路とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 回路 > ウィーン・ブリッジ発振回路の意味・解説 

ウィーン・ブリッジ発振回路

読み方ウィーンブリッジはっしんかいろ
【英】Wien bridge oscillation circuit, Wien bridge oscillator

ウィーン・ブリッジ発振回路とは、コンデンサ(C)抵抗(R)で構成されるCR発振回路一種で、正弦波呼ばれる波形生成することのできる発振回路のことである。

ウィーン・ブリッジ発振回路は、2個のコンデンサと4個の抵抗からなるバンドパスフィルタ用いて発振出力入力に戻す正帰還効果によって発振動作行い正弦波を生み出している。ウィーン・ブリッジ発振回路で得られる正弦波波形ひずみが少なく周波数可変域が広いという特性があるため、アナログ式の発振器などによく用いられている。また構成部品入手しやすいという利点もある。

ウィーン・ブリッジ発振回路は、ドイツ物理学者ヴィーンMax Wien)によって発明された。当時技術では十分なゲイン実現できなかったため、実際に動作させることはできなかった。現在用いられている形式は、ヒューレット・パッカード共同創設者であるウィリアム・ヒューレット学位論文において提示した形式基づいている。

電子回路のほかの用語一覧
電子回路・電子部品:  OCXO  オフセット電圧  オーバーシュート  ウィーン・ブリッジ発振回路  BIOS  CPUファン  D/Aコンバータ



ウィーン・ブリッジ発振回路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウィーン・ブリッジ発振回路」の関連用語

ウィーン・ブリッジ発振回路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウィーン・ブリッジ発振回路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリウィーン・ブリッジ発振回路の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS