アプローチアングルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > アプローチアングルの意味・解説 

アプローチアングル

英語 approach angle

車体前端最下部(バンパースポイラーなど)と、タイヤ外周接線地面構成する角度のこと。縁石オフロード平地と坂の交点などを走行時、アプローチアングルが大きいほど、最下位部品干渉(傷つき)の可能性小さい。フロントオーバーハング量の少ないショートノーズの車体は、アプローチアングルを大きくとりやすく、部品の傷つきも少ない。車体最強部品牽引フックやタイダウンフックを、意図的最下部にして、ほかの部品保護をすることもある。悪路走破性が求められるオフロード車や、車高の低いスポーツカーには重要な角度である。

アプローチアングル

参照 デパーチャーアングル床下アングルランプアングル(ランプ角)
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アプローチアングル」の関連用語

アプローチアングルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アプローチアングルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS