しんきんこうそくとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 生活習慣病用語 > しんきんこうそくの意味・解説 

しん きんこうそく -かう- [5] 【心筋梗塞】

冠状動脈血栓などが生じて血液循環障害が起き,その部分心筋壊死(えし)する疾患胸部前面激し疼痛とうつう起こり長時間持続し,呼吸困難不整脈・チアノーゼ・ショック状態などを呈する。 → 狭心症

心筋梗塞【しんきんこうそく】

冠動脈 (心臓酸素栄養素供給する血管) が一定時間完全に詰まり心臓の筋肉 (心筋) の一部壊死することで起きます。一度壊死した心筋は、元に戻りません。 激し心臓発作持続するのが特徴です。最悪場合失神呼吸停止心停止となります。狭心症で有効なニトログリセリン効果はありません。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しんきんこうそく」の関連用語

しんきんこうそくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



しんきんこうそくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved

©2019 Weblio RSS