増井悟朗 増井悟朗の概要

増井悟朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/25 23:33 UTC 版)

目次

略歴

  • 1925年 - 大阪府大阪市芦原町(現・浪速区芦原)に生まれる。
  • 1942年 - 肺結核を患い療養生活に入る。(当時17歳)
  • 1943年 - 伊藤康善の『仏敵』を読み、獲信(阿弥陀仏から揺るぎない信心を得ること)したとされる。
  • 1944年 - 11月、肺結核が全快し退院。
  • 1945年 - 龍谷大学専門部入学。「華光社」に所属し、創始者である伊藤康善に師事。
  • 1946年 - 伊藤康善より華光誌の編集を引き継ぐ。
  • 1948年 - 龍谷大学専門部卒業、龍谷大学文学部に入学。その後、龍谷大学研究科(真宗学)卒業。
  • 1956年 - 華光会館を建立。
  • 1958年 - 浄土真宗華光会を宗教法人に。
  • 1967年 - 1月、初のアメリカ布教(北米・西海岸方面、ハワイに半年間滞在)
  • 1978年 - 1月、再渡米し布教。以降、毎年継続される。
  • 現在、宗教法人「華光会」代表。
  • 伊藤康善に師事してから現在に至るまで、一貫して「後生の一大事」と「自他力廃立」の2つを聴聞の主眼においた伝道活動を続けている。増井悟朗が代表を務める華光会には、獲信にとどまらずに、獲信後の聴聞まで重視する、という特徴がある。

著書

単著

  • 『親指のふし』(華光会)
  • 『冥加について』(華光会)
  • 『こどもの聖典』(華光会)
  • 『念仏の雄叫び』(法藏館
  • 『廻心の体験』(法藏館)

共著

  • 『華とひかり』(西光義敞共著、華光会)
  • 『無碍道』(西光義敞共著、華光会)
  • 『巻頭言集・求道の急所』(華光会編集部編、華光会)

外部リンク




「増井悟朗」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

増井悟朗に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「増井悟朗」の関連用語

増井悟朗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




増井悟朗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの増井悟朗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS