ダイエー徳力店 ダイエー徳力店の概要

ダイエー徳力店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/08 03:38 UTC 版)

ダイエー徳力店
daiei Tokuriki
Daiei tokuriki.JPG
店舗概要
正式名称 徳力アピロス
所在地 802-0972
福岡県北九州市小倉南区守恒1丁目11番20号
開業日 1980年7月4日
閉店日 2009年2月28日
施設所有者 株式会社谷弥
徳力商店街協同組合
施設管理者 株式会社谷弥
株式会社ダイエー
商業施設面積 12,446m2
店舗数 daieiと27の専門店
営業時間 10:00-21:00
駐車台数 620台
前身 セブンアップ飲料北部九州本社工場

徳力アピロス
後身 サンリブもりつね
最寄駅 北九州モノレール 守恒駅
最寄IC 九州自動車道 小倉南IC
北九州都市高速道路1号線 若園出入口
daiei
テンプレートを表示

概要

北九州市小倉南区徳力とその周辺では、日本住宅公団(現・独立行政法人都市再生機構)によって大規模な住宅団地が造成されたことをきっかけに急激に都市化が進み人口も増加した。しかし、商業施設は昔ながらの商店や食品を主体としたスーパーが中心であった。

そこでまず、ニチイによって1979年、やや高台の部分に「ニチイ徳力店」(その後マイカル九州イオン九州の徳力サティ→イオン徳力店)が開業。その翌年、直方市の複合企業「谷弥」(たにや)[1]と、出店テナントによって結成された組合により、ユニードを核テナントに「セブンアップ飲料北部九州」の本社工場跡にオープンした。ショッピングセンターとしての名称は当時のユニードの同種店舗の事例に倣い「徳力アピロス」とした。

その後、ユニードとダイエーの段階的統合によりロゴデザインがダイエーのものに変わり、完全合併によって店名もダイエーとなった。これを機に専門店部分は“独立”し、独自のロゴマークを導入、要望により徳力アピロス専門店街のまま続いた。

ダイエーとサティは場所柄棲み分けを図りつつ猛烈な販売競争を繰り広げてきた。しかし、ダイエー自体の経営不振により両店は同じ「イオングループ[2]となったこと、小倉南区東部の大型商業施設(ザ・モール小倉サンリブシティ小倉)に加え、同じ会社内で最初からダイエーとして開店した城野店などとの競合に晒されたこともあり、売り上げの落ち込みは止まらず、さらには屋上が駐車場だったことも重なり建物自体の老朽化も顕著になった。

このため谷弥やダイエー、組合などは「建て替えを前提として」閉店することを決断し、2009年2月末で閉店した。その後解体され、更地になった。

跡地の状況

2009年5月13日付けで一旦「開発予告標識」が設置されていたが[3]、その後2年以上建設が始まらない状態が続いていた。

2012年10月25日サンリブを核テナントとした新たなショッピングセンター「サンリブもりつね」が、谷弥をデベロッパーとして開業した[4]。アピロスに入っていた多くのテナントは退店または移転したが、化粧品店・青果店・精肉店の3店が復店している。なお、ミスタードーナツとひよ子については改めて新規店舗としての出店となった[5]

構造

フロア概要
屋上 駐車場(約60台駐車可能)
2階 衣料品・家電・化粧品・寝具・専門店
1階 食料品・専門店



[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社谷弥不動産事業部 開発実績
  2. ^ ダイエーは直接のグループ会社ではないものの、提携関係となり一定の資本を受け入れた。
  3. ^ ガゾーン関門都市圏 徳力アピロス跡地
  4. ^ サンリブもりつね(仮称)着工へ - AreaBiz北九州 2012年1月31日閲覧
  5. ^ ひよ子はダイエー徳力店閉店前に一旦撤退している


「ダイエー徳力店」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイエー徳力店」の関連用語

ダイエー徳力店のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

王 唯任

ビントン・サーフ

ゴマフアザラシ

玉子麺

ACMI

チシマザサ

ふじ丸

正中環軸関節





ダイエー徳力店のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイエー徳力店 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS