軌道用マルチプルタイタンパーとは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(しなの鉄道) > 軌道用マルチプルタイタンパーの意味・解説 

軌道用マルチプルタイタンパー(MTT)

マルチプルタイタンパー全景
形式番号 MTT08-16SLC
ワイヤーレベリング式
製造会社 Prasser & Theurer

単独走行最高速度

80km/h

燃料タンク容量 1,100L
燃料消費量 約36L/h
自重 42




全長 走行 18,000mm
4点ライニング作業 22,200mm
3点ライニング作業 18,000mm
全幅 2,750mm
全高 3,700mm
ボギーポピット間の距離 11,000mm
ボギーホイールベース 1,500mm




エンジン 名称 KHD 空冷12気筒 F12 L413ディーゼルエンジン
出力 320HP(235kw)/2,300rpm
作業回転数 2,300rpm
最高回転数 2,300rpm
トランスミッション 形式 ZF 4 WG 65II
最大入力 350HP
最大入力回転数 2,500rpm
最大入力トルク 1,000Nm
ギヤー 1速 3.36
2速 1.77
3速 0.924
油圧ポンプ 1.05
フロントボギー 2軸駆動ボギー
ボギーにはベベルギヤー・ボックス装備
カルダンシャフトで駆動
リヤボギー 2軸遊動ボギー
車輪 鍛造
R=710mm
ブレーキ 機構 プラッサー&トイラー
全8輪シューブレーキ方式
コントロール 2回路方式ブレーキ
走行 エアー回路方式
作業 油圧回路方式(全自動)
パーキングブレーキ ハンドル操作による機械ブレーキ
後部ボギーの4輪に作用
タンピングユニット 機構
タンピングツール
16
ツール間隔
標準:510mm
最大:650mm
振動数
振幅
約10mm
タンピング深さ
スクイーズ圧力
90~140kg/cm2
現在 100kg/cm2
リフティングユニット 機構
プラッサー&トイラー式ローラークランプ方式
ローラークランプ数
推奨リフティング
10~50mm
最大リフティング
50~120mm
コントロール機構 手動
自動
ライニングユニット 機構
ダブルフランジ付きライニングローラー
およびライニングシリンダー
ライニングローラー
ユニット2個 合計4個
ライニングシリンダー
左右ユニット用各1個 合計2個
コントロール機構 手動
ライニングインジケーターを見ながら操作
自動
最大ライニング
75~100mm
(軌道状態による)
通常ライニング
1回 50mm
連結器
ピンリンク式連結器
製造年度
 
 しなの鉄道設立いっしょに、八王子のほうからやって来ました。
 お客様乗り心地良くするために、電車揺れ原因になる線路のゆがみを一生懸命直してきました。
 しかし度重なる故障には勝てず、2003年3月引退することになり、現在は第3の人生を、軽井沢旧軽井沢駅記念館で送っています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

軌道用マルチプルタイタンパーのお隣キーワード

115系

169系

軌道用マルチプルタイタンパー

軌道用モーターカー

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

169系

軌道用モーターカー

軌道用マルチプルタイタンパー

115系

軌道用モーターカー





軌道用マルチプルタイタンパーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
しなの鉄道しなの鉄道
Copyright © SHINANO RAILWAY Co.,Ltd.2017.

©2017 Weblio RSS