鍛造とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > 鍛造 > 鍛造の意味・解説 

たん ぞう -ざう [0] 【鍛造】

( 名 ) スル
金属ハンマー打っ形作ること。また,その加工法。 「 -機」


鍛造(たんぞう)

主にハンマー機械プレス加圧製造する方法のことです。強度大きいため、自動車保安用部品、航空用部品などの製造利用されます。

鍛造

英語 forging

金属材料加工法のひとつ。切断された炭素鋼などの金属材料加熱したり、または、加熱しない常温のまま、上下1組の金型の間で圧縮加工する方法である。鍛造の目的は、鋼塊粗大樹脂状の結晶破壊して均一組織にし、引張り強さ伸び絞りなどの機械的性質向上させるとともに所要形状をつくることである。自動車部品では、エンジン部品コンロッドクランクシャフト(ディーゼルエンジン用が多い)、ミッション部品のギヤブランク(ギヤ素材)、プライマリーシャフト、セカンダリーシャフト、足まわり部品ナックル(トラック用)、そのほかドライブシャフトなどに使用されている。

鍛造

参照 型鍛造
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

鍛造(たんぞう)

アルミホイールなどを成型する方法一つバイクだと主にホイールピストン成型方法を指すことが多い。 鍛造は、まず最初に素材となる金属高温下・高圧で押しつぶす。刀鍛冶熱しハンマー叩いている姿を想像するとわかりやすいだろう。次にそれを機械加工し、熱処理ほどこし塗装などに進んでいく。 金属成型するもう一つ方法である鋳造比べる頑丈造ることができ、“ス(気泡)”ができにくいので、リプレイスホイールでの製造方法採用されることが多い。
鍛造


関連用語】ホイール

鍛造

金属加工のうち、金型工具によって素材圧縮変形させ、所定形状成形する作業を鍛造という。原始的には、ハンマー等で素材叩いて加工を行ったり、鍛冶屋として熱し素材など)を叩き武器農耕具製造した。
  現代では手作業代わりに機械式のハンマープレスによる鍛造加工が行われ、大型タービン主軸といった大きなものから、数ミリ単位機械部品といった精密なものまで、様々な製品作りが行われている。
  一般的に金属鍛造加工すると、素材金属内部結晶一様化されるため、強度上がる靭性が高まるなど機械的性質改善される。
  鍛造加工は、加工時の素材温度により熱間・温間・冷間の区別がなされ、また工具用いて行う自由鍛造(free forging)と金型により行われる型鍛造(die forging)に大別される。

  熱間鍛造とは、材料再結晶温度付近にまで加熱して行う鍛造である。材料赤熱するまで加熱され、加工が容易となり大型製品加工できる。また、素材結晶加工により変形しても、熱間鍛造においては再結晶されるため、残留応力少な製品が得られる。製品強度についても、鋳造などに比べて高い機械的性質を得る。
反面金属素材冷えにつれて収縮するため、製品寸法精度求められる場合には仕上げ加工が必要となる。
  冷間鍛造材料加熱せず加工を行うため、熱間鍛造比べて高い寸法精度が得られる。また金属素材変形により加工硬化が起こるため、高強度な製品が得られる。しかし、工具金型には非常に高い剛性求められ、また製品残留応力が残る場合もある。このため冷間鍛造熱間鍛造仕上げ段階行われることが多い。
  両者長所取り入れるため、材料加熱温度常温以上再結晶温度以下とし鍛造を行うのが温間鍛造である。

自由鍛造

適している分野・使用事例

工具機械部品などより高い強度靭性求められる部品大量生産品。

用語解説

靭性
じん性粘り強さ衝撃破壊起こしにくいかどうか程度
機械的性質
引張強さ降伏点伸び絞り硬さ衝撃値、疲れ強さクリープ強さなど、機械的変形及び破壊に関係する諸性質
残留応力
外力又は熱勾配が無い状態で、金属内部に残っている応力溶接時には材料部分冷却速度の差により内部応力残留する。熱処理冷間加工鋳造などによっても残留応力を生じる。
加工硬化
金属材料加工により外力が加わると、その結晶中に多く欠陥転位)が発生する。この転位絡み合ってすべりを起こさなくなると結果的硬化が起こる。
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

鍛造

【英】forging

金属塊素材ハンマープレスロールなどの機械用いて金型工具押し付け所望形状鍛錬与え代表的塑性加工法。コンロッドクランク軸歯車スプラインなどの強度部品成形する。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

鍛造

読み方たんぞう

金槌木槌金属打ちのばしながら、形をつくり出していくのが鍛造で、必要に応じて金属赤熱てやわらかくすることがあります

鍛造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/13 10:47 UTC 版)

鍛造(たんぞう、forging)とは、金属加工塑性加工法の一種。金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する。古くから刃物や武具、金物などの製造技法として用いられてきた。




「鍛造」の続きの解説一覧





鍛造と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鍛造に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鍛造」の関連用語

鍛造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マグネシウム化

Jumper

レトロ系

ダイカスト法

Hosel

フード

鋳造

スポット溶接





鍛造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2016 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2016 TECH PLAZA
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2016 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鍛造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS