天空の城とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 天空の城の意味・解説 

天空の城

読み方:てんくうのしろ

空高くに浮かぶ城、空に浮かんでいるように見える城、または城跡といった意味で用いられる表現。主にスタジオジブリ制作アニメ映画天空の城ラピュタ」、あるいはペルーにあるマチュピチュ兵庫県朝来市にある竹田城跡などについて用いられることが多い。

天空の城ラピュタ」では、飛行石呼ばれる特殊な物質はたらきにより、城が島ごと浮遊しているという設定となっている。マチュピチュ切り立った山の尾根に設けられた都市移籍で、標高2000メートル超える高さにある。竹田城跡標高およそ350メートル山頂に築かれた城跡であり、雲海発生すると雲の上聳えるようでもある。

竹田城

読み方:たけだじょう
別名:竹田城跡虎臥城安井ノ城、天空の城、日本のマチュピチュ

兵庫県朝来市にある、標高353メートル古城山の頂上位置する城跡国内最大級山城である。1943年に国の史跡指定され、2006年には、日本城郭協会定めた「日本100名城」の一つ数えられた。

竹田城周辺では秋から冬にかけて、早朝朝霧発生することがあり、雲海に包まれた城の姿がさながら「天空の城」に見えるとされている。また、同じく空中に浮かんだように見える、インカ帝国マチュピチュ遺跡なぞらえて、竹田城は「日本のマチュピチュ」と呼ばれることもある。

竹田城は、室町時代築城されたといわれており、山名氏重臣である太田垣氏代々城主務めた。1569年当時の竹田城主、太田垣輝延は、当時勢力強めていた織田信長に対してひとたび帰順したが、その後織田氏敵対する毛利氏同盟を結んだ。そのため1577年に竹田城は織田信長臣下羽柴秀吉羽柴秀長軍に攻められて落城し、城主太田垣氏没落することとなった。その後桑山重晴赤松広秀城主務めたのち、江戸時代に入ると竹田城は廃城となった。

2000年代に入ると、竹田城はテレビ番組紹介されたり映画舞台になったりしたことから観光客人気集め2012年2013年には年間20万人超える観光客訪れた。観光客急増に伴い史跡保全施設維持管理に必要な負担増加したことから、朝来市2013年に竹田城の観覧料を徴収する条例制定し、同年10月から徴収が行われるようになったまた、山上に続く道路慢性的混雑問題となったことから、通行規制行われるようになった

関連サイト
田城跡の概要案内 - 朝来市

天空の城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/11 09:05 UTC 版)

天空の城(てんくうのしろ)とは一部の山岳部にある城郭跡の雅称。雲海が発生すると空に浮かんでいるように見えるなどして[1]あたかも天空に浮かんでいるような景観を見せるものを観光PRの観点から呼ぶことがある。




「天空の城」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天空の城」の関連用語

天空の城のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

髙瀬慧

国営沖縄記念公園 エメラルドビーチ

Sportio

肋椎関節

和田神社

てん

すみさし

角島灯台





天空の城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天空の城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS