器物霊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > > 器物霊の意味・解説 

器物霊

★1.古い器物金銀などが、動き出したり物を言ったりする。人間の形をとることもある。

狗張子(釈了意)巻6-1塩田平九郎、怪異を見ること」 摂州荒木家の侍塩田平九郎が出家し、諸方旅する。ある時、草原のあばら家で夜を明かすと、3人の男が来て世相を論じ詩を詠ずるが、平九郎念仏の声とともに彼らは消えた翌朝あばら家の内を捜すと、古いうちわ・笛・箒があった。

捜神記18-2通巻414話) ある家に住む富豪が突然没落し、次にその家に住んだ人は家族が皆病気になった。阿文という男が家を買い、夜中見張っていると、黄・白・青の着物を着た男たち来て、「細腰」と呼ばれる者と話し合った。黄・白・青の男は屋敷内に埋まってい金・銀・銭で、「細腰」は竈の下のだった。阿文は金・銀・銭を掘り出し焼き捨てた。

★2a.(しゃく)の変化(へんげ)。

酉陽雑俎続集巻1-878 元和(806~820)の頃、周乙という学生が、夜、勉強していると、小さな鬼が現れた。髪は乱れ、頭の長さは2尺あまり、頭いっぱいに、星のように光が砕けて散らばっていた。燈にふざけ硯をいじくる鬼を、周乙はつかまえたが、夜明け方になって、よく見たら、古びた木のだった。その上に、粟が百余粒へばりついていた。

★2b.甕(かめ)の変化(へんげ)。

閲微草堂筆記槐西雑志185割れ甕の怪」 ある家に化け物が出る。身体つきは人間変わらないが、目と眉の間が2寸ほどもあって、口と鼻の間がたった1分(ぶ)という、奇妙な顔をしている。劉という男が鉄砲でねらい撃ちすると、それは割れ甕だった。子供たちが甕に、人の顔いたずら書きしたのである〔*顔を書いたために、甕に魂が宿ったのかもしれない→〔〕7の『太平広記』巻368所引『集異記』〕。

*壺の変化(へんげ)→〔壺〕4の『壺むすこ』(インド昔話)。

★3.傘の変化(へんげ)。

西鶴諸国ばなし井原西鶴)巻1-4「傘(からかさ)の御託宣村人が傘を神様だと思って祀ると、その傘に魂が宿り、「美しい娘を巫女として差し出せ」と託宣した。村娘たちは、傘の形から巨大男根連想して恐れたので、好色後家身代わりを買って出た。しかし傘と一晩過ごしても何事も起こらず、後家立腹して傘を破り捨てた。

*古い傘から妖怪発生する→〔笠(傘)〕4aの『雨ふり小僧』(手塚治虫)。

★4.箒の変化(へんげ)。

閲微草堂筆記如是我聞97「箒の怪」 花売りの男が某家の門を叩き、「この家の娘に花を売ったので代金いただきたい」と請求する。家族誰も覚えがないが、厠のぼろ箒の柄に花が何本か差してあった。その箒をへし折って焼き捨てると、かすかに泣き声がして血が流れた。

幽明録』38「箒の美少年欲情過多婦人がいて、朝晩酒を飲んでまぎらしていた。ある朝、目をさますと、すばらし美少年2人、家の裏に立っている。しかし、婦人抱きしめようとすると、美少年は箒になってしまった。婦人は箒を焼き捨てた。

酉陽雑俎続集巻2-907 僧が堂の前へ来た時、物が檐(のき)の前に落ちて来た。それは生まれたばかり嬰児で、むつきは真新しかった。僧は嬰児を袖にくるみ、村人世話頼もうと、出かける。5~6里行き、袖の中が軽くなったので、探ってみると1本の古箒だった。

★5.張形はりかた)の変化(へんげ)。

奇談異聞辞典柴田宵曲)「天井の一包」 男が、大諸侯の奥に勤めていた女を妻とする。夜、男が目覚めると、妻の傍に誰かが添い寝をしているように見えた。翌晩も同じことがあり、怪しい姿が煙のように天井へ吸い込まれて消えた。男が天井裏調べたところ、小さな風呂敷包があり、婦人の翫(もてあそ)ぶ、水牛の角で造った張形が入っていた。心をこめて久しく用いた品には、このようなこともあるのだ(『真佐喜のかつら』9)。

★6.器物霊が人にとりつく

子不語巻15-399 某貴人の娘が化け物にとりつかれて困っていた。道術を修めた兵士・伊五が、「これは器物妖怪です」と言って真夜中に娘の部屋入り妖怪と戦って退治する。妖怪正体は籐の腰掛であり、焼き捨てると夥(おびただ)しい血が流れ出た。

★7.器物霊が、自分素性知らない

徳利とっくり化けアイヌ昔話徳利川へ落ち、石にぶつかって首がもげ、流されて海底に転がっていた。海の神憐れみ徳利を、首の短い男の姿にして陸へ上げてやる。その男(=徳利)は、自分が何ものであるかわからず、諸方さすらう。男は、ある村長突きとばされ、転がって、首のもげた徳利に戻った。男は村長夢枕に立ち、「あなたのおかげで私は、自分徳利であったことを知りました」と礼を述べた。

*→〔見間違い〕2の『武道伝来記』(井原西鶴)巻5-4の、庭を走る炬燵も、器物霊と思われたのであろう

*袋に生命が宿って、人間の形をとることもある→〔袋〕7の『太平広記』巻386所引『玄怪録』。

*→〔5aの『文福茶釜』(昔話)は、茶釜化けたものとはいうが、茶釜動物の魂が宿った器物霊のような印象もある。






器物霊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「器物霊」の関連用語

1
12% |||||

2
12% |||||

3
10% |||||


5
6% |||||

器物霊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ストーリア

山本聖途

ペーパーフィルター

おけさ堀

不動

佐坂 志朗

斜め包み

銀帯東根笹





器物霊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2017 物語要素事典 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS