北島三郎とは?

北島 三郎

北島三郎の画像 北島三郎の画像
芸名北島 三郎
芸名フリガナきたじま さぶろう
性別男性
生年月日1936/10/4
星座てんびん座
干支子年
血液型O
出身北海道
身長161 cm
体重56 kg
URLhttp://www.kitajima-music.co.jp/sabu/
デビュー年1962
プロフィール1954年高校卒業同時に歌手目指し上京東京声専学校入学。夜は生活の為に流し歌手をする。その後恩師作曲家船村徹出逢い1962年『ブンカチャ節』でデビュー。同年なみだ船』にて第4回日本レコード大賞新人賞を受賞翌年NHK紅白歌合戦初出場(以後2005年まで紅白出場42回の最多出場記録)、同年映画デビューをして以後40本の映画に主演する。歌手としての活動のほか、チャリティー活動国際親善などその活動多岐渡り幅広く活躍する。演歌ひとすじ四十余年女シリーズ仁侠シリーズ一文字シリーズをはじめ、ヒット曲多数海外公演多く文化人としても国際交流貢献する。観客拍手勲章とし、終りなき芸道歩み続ける。
デビュー作『ブンガチャ節』
代表作品1年1962
代表作品1シングルなみだ船
代表作品2年1965
代表作品2シングル兄弟仁義
代表作品3シングル函館の女
職種音楽
趣味・特技ゴルフ/競馬/麻雀

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
北海道出身のタレント  荒木恵  小川もこ  上木彩矢  北島三郎  正司照枝  大橋純子

北島三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/03 13:31 UTC 版)

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年昭和11年)10月4日 - )は、日本演歌歌手俳優作詞家作曲家馬主




[ヘルプ]
  1. ^ “北島三郎 船村徹氏同門会であいさつ”. デイリースポーツ ONLINE. (2013年2月27日). オリジナル2013年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130302151432/http://www.daily.co.jp/gossip/2013/02/27/0005772201.shtml 2014年1月27日閲覧。 
  2. ^ a b c 北島三郎”. 堂々現役 巨匠からのメッセージ/BSフジ (2009年6月20日). 2014年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月6日閲覧。
  3. ^ NHKのど自慢|2015/01/03(土)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年1月4日閲覧。
  4. ^ “新栄プロ西川会長本葬 北島三郎、育ての親に最後のお別れ”. ORICON STYLE. (2013年2月4日). オリジナル2014年3月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140316115013/http://www.oricon.co.jp/news/2021307/full/ 2014年3月16日閲覧。 
  5. ^ 北島によれば、コンビ名は「ゲルピンぽん太、ちー太」という名で、4日でクビになったという(『読売新聞』1989年2月12日付東京本社朝刊37面)。
  6. ^ 番組ダイアログ「船村徹」 - 堂々現役 巨匠からのメッセージ”. BSフジ (2009年12月18日). 2014年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月6日閲覧。
  7. ^ 後年の映画出演でも『兄弟仁義』等の東映任侠路線で多数共演しており、このような縁から、こののちも村田との親交は続いた。
  8. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、86頁。ISBN 4390116010
  9. ^ 『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』83頁
  10. ^ a b 移籍を勧められたが、ひばりはコロムビアに留まった。その代わりに「ご祝儀代わり」として『関東春雨傘』が吹き込まれ、記念すべきシングル第1弾(レコードナンバー:CW-1)となった。
  11. ^ 番組ダイアログ「北島三郎」- 堂々現役 巨匠からのメッセージ”. BSフジ (2009年6月20日). 2014年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月6日閲覧。
  12. ^ a b ミノルフォン、KA-1144 c/w 雪ん娘峠
  13. ^ 『我が道 - 北島三郎』第15回 スポーツニッポン 2014年4月16日付22面にて自ら由来を明かしている。
  14. ^ 朝日新聞2011年8月24日朝刊
  15. ^ 北島三郎と渡哲也の決定的な違い”. 溝口敦の斬り込み時評 (2011年11月7日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  16. ^ 朝日新聞』1990年10月26日付朝刊(東京)。
  17. ^ “山本譲二の独立発表「死ぬ気でやります」”. ZAKZAK. (2006年10月5日). オリジナル2006年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061025045051/http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006100506.html 2014年5月16日閲覧。 
  18. ^ “北島三郎、演歌・歌謡最年長1位!!”. ORICON STYLE. (2006年10月24日). オリジナル2014年4月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140419050109/http://www.oricon.co.jp/news/37911/ 2014年4月19日閲覧。 
  19. ^ “総務省とDpaが多様な取り組み デジタル放送完全移行まで2年”. 電通報 朝刊 (電通). (2009年8月3日) 
  20. ^ 望月麻紀 (2010年6月23日). “地デジ化応援隊に王さん、北島さんら”. 毎日新聞 朝刊 (毎日新聞社) 
  21. ^ “北島三郎さんらに放送文化賞 NHK”. 47NEWS. (2010年3月4日). オリジナル2014年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416141151/http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030401000800.html 2014年4月16日閲覧。 
  22. ^ 日本放送協会 放送文化賞受賞者(第61回 - 第65回)”. NHK. 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。
  23. ^ a b “芸道50周年記念公演を日生劇場など4劇場で上演=北島三郎、75歳にして次郎長と石松の2役に挑戦”. 連合通信.com. (2011年1月19日). オリジナル2013年3月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130311074517/http://rengo-tsushin.com/modules/music/index.php?page=article&storyid=895 2014年4月5日閲覧。 
  24. ^ “第32回松尾芸能賞大賞は北島三郎 優秀賞は中村翫雀、大空祐飛ら”. シアターガイド. (2011年2月23日). オリジナル2011年2月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110228093805/http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2011/02/23.php 2013年11月27日閲覧。 
  25. ^ 第32回松尾芸能賞各賞受賞者一覧”. 財団法人 松尾芸能振興財団. 2013年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月27日閲覧。
  26. ^ “北島三郎、紅白引退!節目の50回目大トリで幕「今年で身をひく」”. スポーツ報知. (2013年11月25日). オリジナル2013年11月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/liiZK 2013年11月27日閲覧。 
  27. ^ “北島三郎、2年前にも紅白引退決意していた…東日本大震災で翻意”. Sponichi Annex. (2013年12月5日). オリジナル2014年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416133952/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007141880.html 2014年4月16日閲覧。 
  28. ^ “北島三郎さん紅白引退へ 心ある歌を”. NHK NEWS WEB. (2013年12月5日). オリジナル2013年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131205112955/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131205/k10013606831000.html 2013年12月7日閲覧。 
  29. ^ a b “北島三郎 紅白卒業を正式表明”. デイリースポーツONLINE. (2013年12月6日). オリジナル2013年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131213024505/http://www.daily.co.jp/gossip/2013/12/06/1p_0006550899.shtml 2014年1月27日閲覧。 
  30. ^ “「紅白」 あまちゃん続編で視聴率50%”. デイリースポーツONLINE. (2014年1月6日). オリジナル2014年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140107222712/http://daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/06/0006618346.shtml 2014年1月27日閲覧。 
  31. ^ “「生活の歌である演歌、歌っていく」北島三郎さんが会見”. 朝日新聞DIGITAL. (2014年1月1日). オリジナル2014年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140101035701/http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312310397.html 2014年4月16日閲覧。 
  32. ^ “北島三郎「線を引かせてもらいたい」 来年1月で座長公演に区切り”. Sponichi Annex. (2014年4月21日). オリジナル2014年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140422064921/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/21/kiji/K20140421008017750.html 2014年4月22日閲覧。 
  33. ^ “北島三郎 座長公演引退表明 舞台で“サブザイル”結成?”. Sponichi Annex. (2014年4月22日). オリジナル2014年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140422071714/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/22/kiji/K20140422008019660.html 2014年4月22日閲覧。 
  34. ^ “北島三郎の弟・大野拓克さん死去 67歳、事務所の常務取締役”. Sponichi Annex. (2014年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/07/24/kiji/K20140724008620220.html 2014年9月24日閲覧。 
  35. ^ “北島三郎 座長公演4500回を達成し「感無量」”. Sponichi Annex. (2014年9月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/23/kiji/K20140923008982220.html 2014年9月24日閲覧。 
  36. ^ “北島三郎「末の弟が先に旅立つなんて…」 大野拓克さん葬儀で号泣”. zakzak. (2014年7月26日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140726/enn1407261001007-n1.htm 2014年9月26日閲覧。 
  37. ^ 旭日大綬章に自見元郵政相=北島三郎、富司純子さんに小綬章-春の叙勲 時事ドットコム 2016年4月29日
  38. ^ “北島三郎、「頸椎症性脊髄症」治療で盛岡公演を延期”. ORICON STYLE. (2016年9月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2078453/full/ 2016年9月15日閲覧。 
  39. ^ “北島三郎 自宅風呂場で転倒し手術 頸椎症性脊髄症、一時歩行も困難に”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年11月14日). http://sp.daily.co.jp/gossip/2016/11/14/0009666340.shtml#btnMore 2016年11月14日閲覧。 
  40. ^ 当時、市川昭介は日本コロムビアの専属作曲家だったため、この変名を使用している。詳細は『涙を抱いた渡り鳥』のページに記述あり。
  41. ^ 八大の実兄でクラリネット奏者だった。
  42. ^ ミノルフォン、KA-2089 c/w じゃらくの雨 北原は5月発売、北島は2か月遅れの7月発売だった。
  43. ^ “大江裕、新曲「御免なすって」で初の股旅 北島三郎が作詞作曲”. スポニチアネックス. (2016年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/25/kiji/K20161025013596700.html 2016年10月25日閲覧。 
  44. ^ “北島三郎 NHKにとっても重要事項だった紅白引退”. Sponichi Annex. (2013年12月5日). オリジナル2013年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131212151133/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007140300.html 2013年12月12日閲覧。 
  45. ^ [1],日刊ゲンダイ,2013年12月7日
  46. ^ 女性自身』2016年10月25日号
  47. ^ 第64回紅白歌合戦出場歌手”. NHK. 2013年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月18日閲覧。
  48. ^ “サブちゃん ラスト紅白で初の“究極大トリ” 勝負超えた存在に”. Sponichi Annex. (2013年12月24日). オリジナル2014年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140407022215/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/24/kiji/K20131224007259040.html 2014年4月7日閲覧。 
  49. ^ 北島三郎・水町レイコ親子がドラマ初共演「思い出」”. ORICON (2015年7月27日). 2015年7月27日閲覧。
  50. ^ “急ピッチで制作中!NHK、サブちゃん紅白卒業特番を30日放送”. SANSPO.COM. (2013年12月11日). オリジナル2014年4月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140403115239/http://www.sanspo.com/geino/news/20131211/oth13121105030010-n1.html 2014年4月3日閲覧。 
  51. ^ 「遙かなり!演歌道を行く〜北島三郎 紅白 50回の軌跡〜」”. NHKオンライン コレ見て!ムービー. 2014年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月3日閲覧。
  52. ^ 北島三郎最終公演|公演案内|博多座
  53. ^ 北島三郎座長公演、涙の終幕 今後は演歌版「…ザ・ワールド」も - スポーツニッポン、2015年1月30日
  54. ^ 日生劇場 | 公演スケジュール | 芸道50周年記念 北島三郎特別公演
  55. ^ “紅白引退の“御大”に意外な過去…北島三郎は漫才師だった!”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2013年12月13日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/146634 2015年12月1日閲覧。 
  56. ^ “紅白で大トリを務める北島三郎、その歌声の秘けつとは?”. サーチナ. (2009年12月24日). オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/udk6 2014年4月3日閲覧。 
  57. ^ 『我が道 - 北島三郎』スポーツニッポン 2014年4月14日付駅売り特別版 20面
  58. ^ 北島三郎.SMAPにエール 紅白で「締めくくるのが格好いい」,毎日新聞,2016年8月15日
  59. ^ [2],デイリースポーツ,2014年11月5日
  60. ^ [3],リアルライブ,2014年12月12日
  61. ^ サブちゃん、優子に理解 「昔なら考えられない」紅白で卒業発表,スポーツニッポン,2014年12月30日
  62. ^ 北島三郎がダウンタウンに激白!紅白で最も許せなかった出演者とは?,アサ芸プラス,2016年8月10日
  63. ^ 北島三郎 紅白卒業は「踊らされたのが嫌い」,デイリースポーツ,2016年8月5日
  64. ^ “キタサンブラックが菊花賞V 北島三郎さん所有”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年10月25日). http://www.asahi.com/articles/ASHBT56JGHBTKTQ2019.html 2015年10月26日閲覧。 
  65. ^ “北島三郎がダービー発走前に君が代独唱”. 日刊スポーツ. (2009年6月1日). オリジナル2013年4月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/vZTNE 2014年4月3日閲覧。 
  66. ^ “【菊花賞】サブちゃん悲願のG1制覇!キタサンブラックV”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/10/25/kiji/K20151025011387150.html 2015年10月25日閲覧。 
  67. ^ “サブちゃん 愛馬で天皇賞・春V「まつり」熱唱、武豊にムチャ振りも”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/01/kiji/K20160501012506520.html 2016年5月1日閲覧。 
  68. ^ 川崎競馬場に実物大の馬の模型が贈呈される”. KEIBA.GO.JP (2008年1月18日). 2013年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月3日閲覧。
  69. ^ “【天皇賞・春】キタサンブラック勝つ、サブちゃん歓喜G1・2勝目”. Sponichi Annex. http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2016/05/01/kiji/K20160501012506030.html 2016年5月1日閲覧。 
  70. ^ キタサンブラック”. netkeiba.com. 2016年5月1日閲覧。
  71. ^ オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、103頁。ISBN 4871310272
  72. ^ 日刊スポーツ2016年2月2日紙面


「北島三郎」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「北島三郎」の関連用語

北島三郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

島津恵梨花

みきちゅ

志垣太郎

小田島嵩

松丸幸太郎

高橋真麻

清水まゆみ

松尾尚秀





北島三郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2016 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北島三郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS