兼元謙任とは?

兼元謙任

読み方かねもとかねとう
【英】Kaneto Kanemoto

兼元謙任とは、Q&AサイトOKWave」を運営している株式会社オウケイウェイヴ創業者で、現代取締役社長である。1966年7月22日愛知県生まれ

兼元謙任は愛知県芸術大学卒業し、デザイナーとして、京都デザイン事務所名古屋建設関連会社勤務した。製品デザインにおいては経済産業省グッドデザイン賞中小企業庁 長官特別賞)を受賞するなどの実績を残している。

その後大学時代から続けてきたデザイングループ仲間と共に米国仕事をするチャンス訪れ、兼元謙任は渡米準備のため勤め先退職する。しかし、デザイングループ仲間の内で兼元自身対す懐疑心生まれ渡米の話は頓挫してしまった。頓挫同時にデザイン活動没頭し過ぎて顧みなかったため、妻から「疲れた」と離縁状が渡された。

仕事を辞め、仲間家族も失いかけた兼元謙任は、単身東京向かいパソコンを使ったデザイン請負仕事始める。住居を持たず、所持金もほとんど持たず、パソコンだけを持って駅構内児童公園野宿をする路上生活2年間ほど送った。安定的収入が得られるようになってからも、月の生活費1万円とし、残り妻のもとへ送り続けた。

Webデザイン仕事などを請負ううちに、兼元謙任はインターネットに接し、電子掲示板BBS)の存在を知る。BBS質問をした際に他のユーザーから非情扱いを受けた経験インスピレーションを受け、Q&A特化したサービス構想思いつく。そして、それこそ自分使命直感し、Q&Aサイト実現向けて奔走する。

1999年、兼元謙任はQ&Aサイト運営するために会社立ち上げるスタッフ倫理的観点から質問制御行い、またユーザー同士善意によって意見交換なされるという、従来掲示板難点を上手に制御したシステム着実に登録者数を伸ばしていった。なお、増資に際して楽天インプレスホールディングスなどから出資得ている。

兼元謙任
※画像提供 / 株式会社オウケイウェイヴ

オウケイウェイヴは、一般向けのQ&AコミュニティサイトOKWave」を運営する一方ポータルサイトへのQ&AシステムOEM提供、企業向けのFAQソリューションとしてシステムASP提供などによって発展ていった2006年6月には名証セントレックス株式公開を果たしている。

兼元謙任は、究極的には人間同士コミュニケーション最大検索ソリューションであり、ロボット型検索エンジンをも超える可能性秘めサービスであるという信念持ち、「世界中の人と人を信頼と満足でつなぐ」ことを理念に、「2010年10国語100ヶ国でのサービス提供」を目標に掲げて、OKWave成長邁進している。


更新2008年2月
参照リンク
質問するならOKWave

兼元謙任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/16 21:09 UTC 版)

兼元 謙任(かねもと かねとう、1966年7月22日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身の実業家である。ウェブサービス「OKWave」の創業者である。


  1. ^ a b c d e f g h i j 五十川, 倫義 (2013), “突破する力 兼元 謙任”, 朝日新聞グローブ (通巻124号): 14・15頁, http://globe.asahi.com/breakthrough/2013112800002.html 


「兼元謙任」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

兼元謙任に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「兼元謙任」の関連用語

兼元謙任のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

江幡哲也

梶並伸博

家入一真

上田祐司

信太明

笠原健治

鉢嶺登

後藤玄利





兼元謙任のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT企業家列伝IT企業家列伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ兼元謙任の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兼元謙任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS