内藤裕紀とは?

内藤裕紀

読み方ないとうゆうき
【英】Yuuki Naito

内藤裕紀とは、主に法人向けCGMブログSNSなど)に関連したシステム・サービスを提供している株式会社ドリコム創業者代表取締役社長である。1978年東京都出身

学生時代から起業考えていた内藤裕紀は、高校生の頃から経済関係シンポジウム参加していた。京都大学経済学部2年生の時、家庭教師ビジネス起業するも失敗。その翌年には、学生向けのベンチャービジネスコンテストで優勝している。それからまもなくして、仲間と共にドリコム前身となる有限会社ドリコム設立した。しかし初年度売上げはわずか数万円であったという。

ドリコム技術力武器とし、主に大企業顧客とするシステム開発事業により成長始める。2003年当時はまだ登場たばかりであったブログいち早く着目し、事業で扱うようになる。ブログサービス提供する法人向けに、サービス基盤となるブログシステムを提供することで、ドリコムはブログシステムを提供する代表的企業という定評を得るに至る。2003年の、経済産業省後援する「DreamGateにおいては100人の起業家1人として内藤裕紀が選出されている。

内藤裕紀
※画像提供 / 株式会社ドリコム

2006年2月に、創業から5年目東証マザーズ上場し、当時最先端技術であったブログを独自に開拓して成功した点、さらに、代表の内藤裕紀が27歳で会社上場させた点などにより、ドリコム上場ニュース大きな話題となった。

現在ドリコムでは、ブログと共にSNS(ソーシャルネットワーキングシステム)やCMSコンテンツマネジメントシステム)のサービス企画システム提供を行うほか、広告技術の提供や、グループでは携帯コンテンツUGCサービス提供するなど、CGM/UGC関連サービスを軸として精力的事業展開している。


更新2008年10月
参照リンク
株式会社ドリコム

内藤裕紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/26 05:44 UTC 版)

内藤 裕紀(ないとう ゆうき、1978年7月7日~)は日本実業家。株式会社ドリコム代表取締役兼株式会社ドリコムテック代表取締役兼株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア代表取締役兼株式会社ドリコムマーケティング取締役兼株式会社ジェイケン代表取締役。情報通信月間総務大臣表彰(個人)を受賞。嘗て、就職や起業に関してよく講演していた。




「内藤裕紀」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「内藤裕紀」の関連用語

内藤裕紀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

真田哲弥

家入一真

井上雅博

熊谷正寿

後藤玄利

藤田晋

坂本幸雄

三木谷浩史





内藤裕紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT企業家列伝IT企業家列伝
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ内藤裕紀の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内藤裕紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS