ヨヒンビンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > ヨヒンビンの意味・解説 

ヨヒンビン

分子式C21H26N2O3
その他の名称:コリニン、アフロジン、ヨヒンビン、クエブラキン、(+)-ヨヒンビン、Corynine、Aphrodine、Yohimbine、Quebrachine、(+)-17α-Hydroxyyohimban-16α-carboxylic acid methyl、(+)-17α-Hydroxyyohimban-16α-carboxylic acid methyl ester17α-Hydroxyyohimban-16α-carboxylic acid methyl ester、(+)-Yohimbine
体系名:(+)-17α-ヒドロキシヨヒンバン-16α-カルボン酸メチル17α-ヒドロキシヨヒンバン-16α-カルボン酸メチル


ヨヒンビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 02:25 UTC 版)

ヨヒンビン: Yohimbine)は、分子式C21H26N2O3で表されるアルカロイドの一つである。中央アフリカに在るアカネ科の植物ヨヒンベ(Pausinystalia yohimbe英語版 Pierre)から発見された。骨格的にはインドールアルカロイドの一種であるラウオルフィアアルカロイド(Rauwolfia Alkaloid)に属する。


  1. ^ Hedner, T; Edgar, B; Edvinsson, L; Hedner, J; Persson, B; Pettersson, A (1992). “Yohimbine pharmacokinetics and interaction with the sympathetic nervous system in normal volunteers”. European Journal of Clinical Pharmacology 43 (6): 651–656. doi:10.1007/BF02284967. PMID 1493849. 
  2. ^ a b c Yohimbe: MedlinePlus Supplements”. Medline. 2013年5月26日閲覧。
  3. ^ a b Andersson KE (September 2001). “Pharmacology of penile erection”. Pharmacological Reviews 53 (3): 417–50. PMID 11546836. http://pharmrev.aspetjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=11546836. 
  4. ^ ヨヒンビンの作用機序について 大東製薬工業株式会社
  5. ^ a b Beille, P. E. (2013). “Scientific Opinion on the evaluation of the safety in use of Yohimbe (Pausinystalia yohimbe)”. EFSA Journal 11. doi:10.2903/j.efsa.2013.3302. 
  6. ^ 21 CFR Sec. 522.2670 Yohimbine
  7. ^ Kew World Checklist of Selected Plant Families, Pausinystalia johimbe
  8. ^ Year Book of the American Pharmaceutical Association. American Pharmaceutical Association. (1914). p. 564. http://www.mocavo.com/Year-Book-of-the-American-Pharmaceutical-Association-1914-Volume-3/874094/565?browse=true#632 2015年5月4日閲覧。. 
  9. ^ Witkop, B. (1943), Annalen 83: 554 
  10. ^ The Alkaloids: Chemistry and Pharmacology. Academic Press. (1988). p. 564. ISBN 0-12-469532-9. 
  11. ^ van Tamelen, E. E. (1958). “The Total Synthesis of Yohimbine”. J. Am. Chem. Soc. 80: 5006–5007. doi:10.1021/ja01551a062. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja01551a062. 
  12. ^ Herle, B. (2011). “Total Synthesis of (+)-Yohimbine via an Enantioselective Organocatalytic Pictet–Spengler Reaction”. J. Org. Chem. 76: 8907–8912. doi:10.1021/jo201657n. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jo201657n. 
  13. ^ a b c Millan MJ; Newman-Tancredi A; Audinot V et al. (February 2000). “Agonist and antagonist actions of yohimbine as compared to fluparoxan at alpha(2)-adrenergic receptors (AR)s, serotonin (5-HT)(1A), 5-HT(1B), 5-HT(1D) and dopamine D(2) and D(3) receptors. Significance for the modulation of frontocortical monoaminergic transmission and depressive states”. Synapse 35 (2): 79–95. doi:10.1002/(SICI)1098-2396(200002)35:2<79::AID-SYN1>3.0.CO;2-X. PMID 10611634. 
  14. ^ PDSP Ki Database”. 2016年4月18日閲覧。
  15. ^ a b Arthur JM, Casañas SJ, Raymond JR (June 1993). “Partial agonist properties of rauwolscine and yohimbine for the inhibition of adenylyl cyclase by recombinant human 5-HT1A receptors”. Biochemical Pharmacology 45 (11): 2337–41. doi:10.1016/0006-2952(93)90208-E. PMID 8517875. 
  16. ^ a b Kaumann AJ (June 1983). “Yohimbine and rauwolscine inhibit 5-hydroxytryptamine-induced contraction of large coronary arteries of calf through blockade of 5 HT2 receptors”. Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology 323 (2): 149–54. doi:10.1007/BF00634263. PMID 6136920. 
  17. ^ a b Baxter GS, Murphy OE, Blackburn TP (May 1994). “Further characterization of 5-hydroxytryptamine receptors (putative 5-HT2B) in rat stomach fundus longitudinal muscle”. British Journal of Pharmacology英語版 112 (1): 323–31. doi:10.1111/j.1476-5381.1994.tb13072.x. PMC 1910288. PMID 8032658. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1910288. 
  18. ^ Yohimbine (PIM 567)”. Inchem.org. 2013年5月26日閲覧。
  19. ^ National Institute of Mental Health. “PDSP Ki Database”. University of North Carolina. 2013年7月5日閲覧。
  20. ^ Yohimbine”. DrugBank. University of Alberta. 2014年4月12日閲覧。
  21. ^ FDA regulations on OTC products
  22. ^ Saenz De Tejada, I; Kim, NN; Goldstein, I; Traish, AM (2000). “Regulation of pre-synaptic alpha adrenergic activity in the corpus cavernosum”. International Journal of Impotence Research 12 Suppl 1: S20–25. doi:10.1038/sj.ijir.3900500. PMID 10845761. 
  23. ^ マヤ金蛇精(カプセル)自主回収のお知らせ


「ヨヒンビン」の続きの解説一覧





ヨヒンビンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヨヒンビン」の関連用語

1
ヨヒンビン塩酸塩 化学物質辞書
92% |||||

2
塩酸ラウバシン 化学物質辞書
72% |||||



5
50% |||||

6
50% |||||

ヨヒンビンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インチ

なぎなた

カミカゼ

エルニーニョ

ワインの瓶型

久留女木の棚田

サイドローディング

2000系





ヨヒンビンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヨヒンビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS