ドーパミン受容体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 受容体 > ドーパミン受容体の意味・解説 

ドーパミン受容体

英訳・(英)同義/類義語:dopamine receptor

ドーパミンリガンドとする受容体タンパク質で、Gタンパク質共役する7回膜貫通構造を持値、アデニル酸シクラーゼ活性調節する。

ドーパミン受容体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/06 01:41 UTC 版)

ドーパミン受容体(ドーパミンじゅようたい、: dopamine receptor)は主に中枢神経系にあるGタンパク質共役受容体(GPCR)の一種であり、神経伝達物質であるドーパミンと結合する。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c Nicola SM, Surmeier J, Malenka RC (2000). “Dopaminergic modulation of neuronal excitability in the striatum and nucleus accumbens.”. Annual Review of Neuroscience 23 (2): 185-215. doi:10.1146/annurev.neuro.23.1.185. PMID 10845063.
  2. ^ Gerfen CR (2000). “Molecular effects of dopamine on striatal-projection pathways.”. Trends Neurosci 23 (10 Suppl): S64-70. doi:10.1016/S1471-1931(00)00019-7. PMID 11052222.
  3. ^ Dal Toso R, Sommer B, Ewert M, Herb A, Pritchett DB, Bach A, Shivers BD, Seeburg PH (1989 Dec). “The dopamine D2 receptor: two molecular forms generated by alternative splicing”. EMBO J 8 (13): 4025-34. PMID 2531656.
  4. ^ Monsma FJ Jr, McVittie LD, Gerfen CR, Mahan LC, Sibley DR (1989 Dec). “Multiple D2 dopamine receptors produced by alternative RNA splicing”. Nature 342 (6252): 926-9. PMID 2480527.
  5. ^ Ridray S, Griffon N, Mignon V, Souil E, Carboni S, Diaz J, Schwartz JC, Sokoloff P (1998 May). “Coexpression of dopamine D1 and D3 receptors in islands of Calleja and shell of nucleus accumbens of the rat: opposite and synergistic functional interactions.”. Eur J Neurosci 10 (5): 1676-86. PMID 9751140.
  6. ^ 村山美穂. 行動特性の育種改良を目指した,家畜の脳内物質関連遺伝子の解析. 2009年12月26日閲覧。
  7. ^ Seeman, P., and Tallerico, T. (1998). “Antipsychotic drugs which elicit little or no Parkinsonism bind more loosely than dopamine to brain D2 receptors, yet occupy high levels of these receptors”. Mol. Psychiat. 3: 123-134. PMID 9577836.


「ドーパミン受容体」の続きの解説一覧





ドーパミン受容体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドーパミン受容体」の関連用語

ドーパミン受容体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ドーパミン受容体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドーパミン受容体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS