キャンバーとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > キャンバーの意味・解説 

【キャンバー】(きゃんばー)

camber
反り物体形状反っている様子

  1. 車輌車輪につけられる反り角一種車輪自体若干ロールさせた状態で取り付ける
    車体正面から見た場合すり鉢型に見えるものを正キャンバー、ハの字型に見えるものを逆キャンバーという。
    前者操舵輪の操舵性を向上させるため、後者車体ロールを防ぐためにつけられる

  2. 航空機では、翼の断面形状進行方向に対して反っている様子を指す。
    その程度は、翼形中心線断面における上面の線と下面の線を平均した線)と、翼弦線断面における前縁から後縁に引かれた線分)との距離で示される。

    キャンバーがない翼(対称翼)でも迎え角大きくすることにより揚力発生させることはできるが、抗力大きくなってしまい、揚抗比悪化してしまう。
    そこで翼にキャンバーを設けることにより、大きな迎え角を取らなくても揚力を得られるようにする。

    主翼などは迎え角を取らなくても上向き揚力発生させるために、上面がふくらんだ形のキャンバーを持っている
    コアンダ効果によって空気流れは翼の表面沿う。これによって翼上面気流下向き偏向され、より強いダウンウォッシュを生み出し、この反作用によって揚力生み出す
    また翼の上側が膨らんでいると、上面空気速度下面より速くなるので、ベルヌーイの定理にしたがって上面圧力が低くなる。この圧力差によって揚力発生するのである
    特に層流だけでなく渦流発生すると、機体対気速度遅くても気流速度上がり揚力増大する傾向にある。

    さりとてキャンバーをあまり大きくしすぎると、今度迎え角小さくても高速時に抗力大きくなってしまい、やはり揚抗比悪化する。
    また渦流が強いと誘導抗力増大や、気流剥離による失速などのおそれもある。
    上の特性から、低速用の機体ではキャンバーの大きな主翼を、高速用の機体ではキャンバーの小さな主翼採用することが一般的である。
    高速向き機体離着陸させる際は、フラップなどを使って一時的にキャンバーを増大させ、低速でも揚力が得られるようにする。

    関連コニカルキャンバー

キャンバー camber

キャンバーの説明
キャンバーの説明
キャノピー翼弦線と、中心線との距離。
キャノピー(翼)が効率良く揚力リフト)を発生させる為に横から見るとアーチのようなカーブを描いており、キャンバーの値が一番大きところを最大キャンバーという。
最大キャンバー大きいと揚力発生大きいが抗力増える
高速レンジ機体ほどキャンバーは小さめ薄め)の傾向があるが、パラグライダースピードはなるべく低速から高速までレンジを広げたく、また失速特性キャノピー剛性にも影響する為、キャンバーの値はプロファイルを含めメーカーにより違い見せている。

キャンバー

平地に置いたときにボードセンターと地面との間に出来隙間のこと。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャンバー」の関連用語

キャンバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FLIR

ヘルメット

MD900

リッジリフト

飛行教導隊

潰れ

フォーポイントロール

リジットウイング





キャンバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2016 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS