せつようしゅうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 節用集 > せつようしゅうの意味・解説 

せつようしゅう -しふ 【節用集】

〔「せっちょうしゅう」とも〕
室町時代1474年成立したイロハ引きの辞書。また,これを改編増補あるいは縮約して明治年間まで用いられた国語辞書総称日常語彙や古典語を,頭音によってイロハ順に並べ,それを天地時節などに分ける。内容簡易で引きやすく各種の本が行われた。古態を保つ慶長以前のものは古本節用集と呼ぶ。江戸時代には種々改編増補され,内容体裁をやや異にしたもの現れた。





せつようしゅうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「せつようしゅう」の関連用語

せつようしゅうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

紫石

シロテテナガザル

天元

野外炊具2号

酸性ガス除去プロセス

ダガーナイフ

アレキサンドライト

重量物船





せつようしゅうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS