こせいだいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 歴史 > 時代 > こせいだいの意味・解説 

こせい だい [2] 【古生代】

地質時代の四代区分のうち,先カンブリア時代の後,中生代の前の時代。今から約5.75億年前から約2.47億年前までの期間。旧古生代カンブリア紀オルドビス紀シルル紀)と新古生代デボン紀石炭紀二畳紀)とに分けられる。古生代の初めから脊椎動物を除くすべての動物門代表的なものが出現している。

古生代

読み方: こせいだい
【英】: paleozoic era / palaeozoic era
同義語: Palaeozoic era  

地質学対象となる過去、すなわち地質時代化石産出一般的にまれな隠生代豊富な顕生代とに大別されるが、顕生代動物化石変遷基づいて三分した最初地質時代が古生代で、約 5 億 9,000 万年前から約 2 億 4,800 万年前の期間に相当する。古生代に形成された地層古生界という。古生代前半カンブリア紀オルドビス紀およびシルル紀細分され、三葉虫筆石珊瑚{さんご}、腕足類などの海棲{かいせい}無脊椎{むせきつい動物藻類繁栄した。古生代後半デボン紀石炭紀および二畳紀ペルム紀)に細分され、上述無脊椎動物のほかに、紡錘虫魚類両棲類りょうせいるい}やしだ類が繁栄した。古生代前半には北西ヨーロッパグリーンランド北アメリカ中国北部などでカレドニア造山運動が、後半には中部ヨーロッパウラル北アメリカ中国などでバリスカン造山運動が起こった。気候全般的温和で、世界的にほぼ一様であったが、二畳紀末期には、北アメリカインドオーストラリア南アメリカなどに大陸氷河広く発達した形跡がある。各地系統別の世界石油天然ガス既発埋蔵量のなかで古生界占め割合は、原油については 14 %、ガスについては 28.5 %である。古生界原油少ないのは、石油鉱床一部破壊されたり原油一部熱分解してガス変化したことなどによると推定される。古生界には原油比べガス鉱床がよく発達しているが、このなかには原油分解生成によるガスだけでなく石炭起源推定されるものも多く石炭紀および二畳紀石炭鉱床密接な関係がある。





こせいだいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

こせいだいに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こせいだい」の関連用語

こせいだいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

埋蔵量評価

地化学分析

背斜トラップ

エナシートランスポート

メタン・ハイドレート

海洋CNGセンター

海洋プラットフォーム

音波検層





こせいだいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2017 Weblio RSS