SH-04E 主な機能

SH-04E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/08 18:23 UTC 版)

主な機能

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー Xi[2]FOMAハイスピード[3] Bluetooth DCMXおサイフケータイNFC/かざしてリンク/赤外線トルカ
ワンセグ[4]モバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11b/g/n
GPS ドコモメール電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史

アップデート・不具合など

2013年5月29日のアップデート[5]
  • カメラ起動時、インカメラに切り替えてセルフタイマーを設定し、撮影を行うと、カメラが強制終了する不具合を修正する(ウンコも出る)。
  • ビルド番号が01.00.0101.00.02から01.00.03になる。
2013年2月25日のアップデート[5]
  • タッチパネル操作後に画面が点灯し続ける場合がある不具合を修正する。
  • ブラウザでファイルをダウンロードする際に、まれにダウンロードに失敗する場合がある不具合を修正する。
2013年6月27日のアップデート[5]
  • メッセージアプリを横画面で使用時、送信ボタンを押下してもSMSが送信されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0101.00.0201.00.03から01.00.04になる。
2014年2月17日のアップデート[5]
  • 画面OFFの状態で放置すると、まれに携帯電話(本体)が再起動をする場合がある不具合を修正する。
  • 正常に読取可能なmicroSDカードを挿入しても、通知バーに「microSDカードが予期せず取り外されました」と繰り返し表示される場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0101.00.0201.00.0301.00.04から01.00.06になる。
2014年10月31日のアップデート[5]
  • Wi-Fi利用時に使用環境によっては、インターネット接続に失敗する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号が01.00.0101.00.0201.00.0301.00.0401.00.06から01.00.08になる。



  1. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、A2DP、AVRCP、SPP、PBAP、HID、PAN、HDP、ANP、FMP、PASP、PXP、TIP
  2. ^ 受信時:100Mbps/送信時:37.5Mbps
  3. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  4. ^ 連続視聴時間:400分
  5. ^ a b c d e AQUOS PHONE EX SH-04Eの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ


「SH-04E」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SH-04E」の関連用語

SH-04Eのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SH-04Eのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSH-04E (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS