最大と最小 その他

最大と最小

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/24 02:40 UTC 版)

その他

  • 統計学においては数値データは昇順にソートされており、最初の値を最小値、最後の値を最大値と呼ぶ[9]
  • 日常会話では、「非常に巨大な最小値」や「非常に小さい最大値」は最大や最小と言わずに別の表現に置き換える場合がある(数学としての定義ではその空間上に「コンビニ」という物が存在すれば、全ての場所に「最寄りのコンビニ」が存在するが、日常会話としてはあまりにも距離が長い場合は「最寄りのコンビニ」は無いという回答をするのが普通である。)。「最短ルート」という言葉も長すぎる距離の場合は最短ルートとは通常は言わない。
  • 日常会話での最小の定義も文脈により異なり、「0に近い物」又は数学の定義と同じ「-∞に近い物」のどちらかとなる。
  • 日常会話では「巨大な数値の集合」での最大値は「全て大きい」、最小値は「無い」となる。
  • モハメド・アリは「私は最強ではない、二倍最強である」 (“I’m not the greatest, I’m the double greatest.”)と新聞のUSAトゥデイが取り上げている[10]。報道された著名人の発言であるが、数学的には反する点がある。
  • における「最小測定量」とはそのはかりで精度の保証ができる最小の測定値の事を示し、目盛の最小値の事ではない[11](目盛の最大値は「ひょう量」と呼ばれる。)。

[脚注の使い方]

参考文献

関連項目


注釈

  1. ^ a b c 単数形が "-um", 複数形は "-a"
  2. ^ は通常の順序に関して実数全体がなすの交わりと結びでもある。
  3. ^ これと極大元とを混同すべきではない。極小元と極小値についてもそう。
  4. ^ 極値 (extremal value) を最大値・最小値あるいは極大値・極小値の総称として用いるものもある。[6][7]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 松坂 1968, pp. 90–97.
  2. ^ a b extremum: 1. Idea. in nLab
  3. ^ Billingsley, P. (2012). Probability and Measure (Anniversary ed.). Wiley. p. 572. ISBN 978-1-118-12237-2 
  4. ^ Weisstein, Eric W. "Global Maximum". MathWorld (英語).
  5. ^ Weisstein, Eric W. "Local Maximum". MathWorld (英語).
  6. ^ a b Weisstein, Eric W. "Extremum". MathWorld (英語)., extremum - PlanetMath.(英語), extremum, 2. Local extrema of differentiable functions in nLab
  7. ^ Hazewinkel, Michiel, ed. (2001), "Maximum and minimum of a function", Encyclopaedia of Mathematics, Springer, ISBN 978-1-55608-010-4
  8. ^ Hazewinkel, Michiel, ed. (2001), "Maximum and minimum points", Encyclopaedia of Mathematics, Springer, ISBN 978-1-55608-010-4
  9. ^ 西岡 2013, p. 8 「1.4 度数分布」
  10. ^ USA-Todayの記事[1]
  11. ^ [2]


「最大と最小」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

最大と最小のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最大と最小のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最大と最小 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS