局所麻酔薬 組成

局所麻酔薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/20 00:02 UTC 版)

組成

この局麻システムは、針刺し事故英語版を防ぐために設計されている。局麻のカートリッジは、使い捨ての針に装着され、使用しないときはロックされ、ハンドルから分離することができる。

注射用局所麻酔液は、通常、以下のもので構成されている:[14]

時には、局麻が組み合わされることもある。例:

注射用局麻液は、血管を収縮させることで局所麻酔の持続時間を長くし、それによって麻酔薬を安全に長時間濃度を維持するとともに、出血を抑えるために血管収縮剤(合剤英語版)と混合されることがある[15]。血管収縮剤は、全身循環が注射部位から局所麻酔薬を除去する速度を一時的に低下させるため、血管収縮剤と組み合わせた場合の局麻の最大投与量は血管収縮剤のない同じ局麻と比較して高くなる。時折、この目的のためにコカインが投与されることがある。例としては、以下のようなものがある。

このタイプの組み合わせ製品の1つは、表面麻酔のために局所的に使用されるTAC(5-12%テトラカイン、1/2000(0.05%、500ppm、1/2パーミル)アドレナリン、4または10%コカイン)である。

局所血管収縮薬の添加

一部の局所麻酔薬はアドレナリンなどを添加して用いられる。これは麻酔薬を使用した部位の血管が収縮するため、麻酔薬が血流などの影響で濃度低下する時間が遅くなるため作用時間が長くなったり、局所に麻酔薬が留まり血中濃度が上昇し難いようにするなどの効果を期待するものである。しかし、糖尿病甲状腺機能亢進症高血圧といった全身性疾患を持っている場合は、添付文書上は禁忌とされている[16]。局所麻酔薬へのアドレナリンなどの添加は主にリドカインで行われ、製剤時に添加済みの薬剤も使用されている[16]

血管収縮剤を使用した局麻薬は、終動脈英語版に灌流されている部位でも安全である[注釈 1]。血管収縮剤入り局麻薬が鼻、耳、指、足指などの四肢に壊死を起こす(終動脈の収縮による)という通説には、1948年のエピネフリン入り市販リドカインの導入以来、壊死の例が報告されていないため根拠がないという反論がある[17]

光学異性体

光学異性体とは、分子を構成する原子の組成および結合状態は同一であるが、立体構造が異なる分子を言う。メピバカインブピバカインロピバカインには光学異性体が存在する。従来の局所麻酔薬はR体(右旋性)とS体 (左旋性) を等量含んだラセミ体として使用されてきたものの、光学異性体の間で麻酔の効果や心毒性に差が見られることが分かってきた。市販されているロピバカイン製剤であるアナペインは、局所麻酔作用が強く、心血管系への作用が少ないS体のみを製剤化し安全性を高めている。同様に、S体のブピバカインのみを製剤化したものがレボブピバカインである。レボブピバカインは、ラセミ体のブピバカインと比べ効力は同等であるのに対して、心毒性は弱い。


注釈

  1. ^ 2023年現在の日本では定説がない。

出典

  1. ^ Forvoチーム. “Lokalanästhetikum の発音: Lokalanästhetikum の ドイツ語 の発音”. Forvo.com. 2023年2月23日閲覧。
  2. ^ a b Gropper 2020, p. 868.
  3. ^ a b Gropper 2020, p. 873.
  4. ^ Miller 2007, p. 453.
  5. ^ Gropper 2020, p. 866.
  6. ^ Miller 2007, p. 455.
  7. ^ a b c d Becker, Daniel E; Reed, Kenneth L (2012). “Local Anesthetics: Review of Pharmacological Considerations”. Anesthesia Progress 59 (2): 90–102. doi:10.2344/0003-3006-59.2.90. ISSN 0003-3006. PMC 3403589. PMID 22822998. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3403589/. 
  8. ^ a b Gropper 2020, p. 865.
  9. ^ Procaine”. go.drugbank.com. 2023年2月23日閲覧。
  10. ^ Drasner, Kenneth (2017), Katzung, Bertram G., ed., Local Anesthetics (14 ed.), McGraw-Hill Education, http://accessmedicine.mhmedical.com/content.aspx?aid=1148436612 2023年2月23日閲覧。 
  11. ^ Gropper 2020, p. 875.
  12. ^ Vijay, Bhavani S.; Mitra, Subhro; Jamil, Shahin N. (2013). “Refractory cardiac arrest due to inadvertent intravenous injection of 0.25% bupivacaine used for local infiltration anesthesia”. Anesthesia, Essays and Researches 7 (1): 130–132. doi:10.4103/0259-1162.114020. ISSN 0259-1162. PMC 4173496. PMID 25885735. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4173496/. 
  13. ^ Pharmacology: PreTest self-assessment and review. New York: McGraw-Hill, Medical Pub. Division. (2002). ISBN 978-0-07-136704-2. https://archive.org/details/pharmacology00arno 
  14. ^ Allergic Reactions”. Cleveland Clinic. 2014年4月11日閲覧。
  15. ^ “Vasoconstrictor agents for local anesthesia”. Anesthesia Progress 42 (3–4): 116–120. (1995). PMC 2148913. PMID 8934977. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2148913/. 
  16. ^ a b キシロカイン注射液「0.5%」エピレナミン(1:100,000)含有/ キシロカイン注射液「1%」エピレナミン(1:100,000)含有/ キシロカイン注射液「2%」エピレナミン(1:80,000)含有”. www.info.pmda.go.jp. 2023年6月29日閲覧。
  17. ^ “[Local anaesthesia with vasoconstrictor is safe to use in areas with end-arteries in fingers, toes, noses and ears]”. Ugeskrift for Laeger 176 (44): 44. (October 2014). PMID 25354008. 
  18. ^ a b Bina, Babak; Hersh, Elliot V.; Hilario, Micael; Alvarez, Kenia; McLaughlin, Bradford (2018-06-01). “True Allergy to Amide Local Anesthetics: A Review and Case Presentation” (英語). Anesthesia Progress 65 (2): 119–123. doi:10.2344/anpr-65-03-06. ISSN 0003-3006. PMC PMC6022794. PMID 29952645. https://meridian.allenpress.com/anesthesia-progress/article/65/2/119/25068/True-Allergy-to-Amide-Local-Anesthetics-A-Review. 
  19. ^ El-Boghdadly, Kariem; Pawa, Amit; Chin, Ki Jinn (2018). “Local anesthetic systemic toxicity: current perspectives”. Local and Regional Anesthesia 11: 35–44. doi:10.2147/LRA.S154512. ISSN 1178-7112. PMC 6087022. PMID 30122981. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30122981/#:~:text=Local%20anesthetic%20systemic%20toxicity%20(LAST,understanding%20of%20LAST%20highly%20relevant.. 
  20. ^ a b 局所麻酔薬中毒 (LAST) 再訪:発展のパラダイム”. Anesthesia Patient Safety Foundation. 2023年2月25日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g (英語) Meyler's Side Effects of Drugs Used in Anesthesia. Elsevier. (2008-10-07). ISBN 9780444532701. https://books.google.com/books?id=NYiQYoPjJl4C&q=local+anesthesia+general+side+effects 
  22. ^ “Systemic toxicity and cardiotoxicity from local anesthetics: incidence and preventive measures”. Regional Anesthesia and Pain Medicine 27 (6): 556–561. (2002). doi:10.1053/rapm.2002.37127. PMID 12430104. 
  23. ^ “Intralipid Treatment Of Bupicavaine Toxicity”. Anesthesia Patient Safety Foundation 24 (1). (Spring 2009). http://www.apsf.org/newsletters/html/2009/spring/12_Intralipid.htm 2013年6月12日閲覧。. 
  24. ^ a b “Lipid emulsion to treat overdose of local anaesthetic: the gift of the glob”. Anaesthesia 61 (2): 107–109. (February 2006). doi:10.1111/j.1365-2044.2005.04494.x. PMID 16430560. 
  25. ^ a b “Successful use of a 20% lipid emulsion to resuscitate a patient after a presumed bupivacaine-related cardiac arrest”. Anesthesiology 105 (1): 217–218. (July 2006). doi:10.1097/00000542-200607000-00033. PMID 16810015. 
  26. ^ a b “Successful resuscitation of a patient with ropivacaine-induced asystole after axillary plexus block using lipid infusion”. Anaesthesia 61 (8): 800–801. (August 2006). doi:10.1111/j.1365-2044.2006.04740.x. PMID 16867094. 
  27. ^ “Intravenous lipid emulsion as antidote beyond local anesthetic toxicity: a systematic review”. Academic Emergency Medicine 16 (9): 815–824. (September 2009). doi:10.1111/j.1553-2712.2009.00499.x. PMID 19845549. 
  28. ^ “Pretreatment or resuscitation with a lipid infusion shifts the dose-response to bupivacaine-induced asystole in rats”. Anesthesiology 88 (4): 1071–1075. (April 1998). doi:10.1097/00000542-199804000-00028. PMID 9579517. 
  29. ^ “Lipid emulsion infusion rescues dogs from bupivacaine-induced cardiac toxicity”. Regional Anesthesia and Pain Medicine 28 (3): 198–202. (2003). doi:10.1053/rapm.2003.50041. PMID 12772136. 
  30. ^ Association of Anesthesists of Great Britain and Ireland home page”.[リンク切れ]
  31. ^ “Use of lipid emulsion in the resuscitation of a patient with prolonged cardiovascular collapse after overdose of bupropion and lamotrigine”. Annals of Emergency Medicine 51 (4): 412–5, 415.e1. (April 2008). doi:10.1016/j.annemergmed.2007.06.004. PMID 177660096 
  32. ^ lipidrescue - Sample LipidRescue Kit”. lipidrescue.squarespace.com. 2022年12月4日閲覧。
  33. ^ “Intralipid outperforms sodium bicarbonate in a rabbit model of clomipramine toxicity”. Annals of Emergency Medicine 49 (2): 178–85, 185.e1–4. (February 2007). doi:10.1016/j.annemergmed.2006.07.016. PMID 17098328. 
  34. ^ “Correlation of plasma and peritoneal diasylate clomipramine concentration with hemodynamic recovery after intralipid infusion in rabbits”. Academic Emergency Medicine 16 (2): 151–156. (February 2009). doi:10.1111/j.1553-2712.2008.00313.x. PMID 19133855. 
  35. ^ “Moxidectin toxicosis in a puppy successfully treated with intravenous lipids”. Journal of Veterinary Emergency and Critical Care 19 (2): 181–186. (April 2009). doi:10.1111/j.1476-4431.2009.00402.x. PMID 19691569. https://zenodo.org/record/898154. 
  36. ^ a b Facial plastic, reconstructive, and trauma surgery. Marcel Dekker. (2003-10-17). ISBN 978-0-8247-4595-0 
  37. ^ 正尚, 横山 (2007). “硬膜外麻酔に用いる局所麻酔薬の特徴”. 日本臨床麻酔学会誌 27 (5): 445–455. doi:10.2199/jjsca.27.445. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/27/5/27_5_445/_article/-char/ja/. 


「局所麻酔薬」の続きの解説一覧




局所麻酔薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  局所麻酔薬のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「局所麻酔薬」の関連用語

局所麻酔薬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



局所麻酔薬のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの局所麻酔薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS