全日本空輸 概説

全日本空輸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 02:28 UTC 版)

概説

古くから盤石な路線網を持つ国内線はもとより、国際線も世界各地をバランスよくカバーしている。世界最大の国際航空連合スターアライアンス(STAR ALLIANCE)」のメンバーの1社でもある。東証プライム市場上場のANAホールディングス(ANAHD)傘下であり、ANAグループの中核事業たる航空事業を担っている[9]

現在の日本では日本航空(JAL)と共に主要な航空会社であり、両社併せて「航空大手2社」などと呼称される場合もある[10][11]

コーポレートカラーは青色[12]2レターコードNH」は、全日本空輸の前身の社名「日本ヘリコプター輸送(Nippon Helicopter)」に由来する[13][14]識別信号(コールサイン)は『ALL NIPPON(オール・ニッポン)』を使用している。

歴史

前身

当時の創業者たちとベル47D-1
八丈小島のマレー糸状虫症対策としてDDTを散布する日ペリのベル47(1956年8月9日)

全日本空輸の前身は日本ヘリコプター輸送株式会社と極東航空株式会社である。第二次世界大戦後の1952年(昭和27年)に運航禁止期間の解除の決定が下されたことを受けて、同年に両社は設立された。日本ヘリコプター輸送株式会社(英:Japan Helicopter and Airplane Transportation Co.、通称「JHAT」「日ペリ」「日ペリ航空」)のルーツは、戦前の朝日新聞航空部で上司部下の関係であった美土路昌一(後に全日空社長、朝日新聞社長)と中野勝義(後に全日空副社長)が中心となり、終戦後の民間航空関係者の失業救済を目的として、1945年(昭和20年)に設立した社団法人興民社にある。これが後々の1952年(昭和27年)12月27日に、興民社の組織や人脈を基盤として設立されたのが日本ヘリコプター輸送であった。設立の際は美土路や中野の古巣である朝日新聞社を始め、第一物産(現・三井物産)や富士製鐵(現・日本製鉄)、東京電力(現・東京電力ホールディングス)、住友銀行(現・三井住友銀行)、名古屋鉄道日本商工会議所といった財界の大物が設立発起人に名を連ねた[15][16]。特に富士製鐵の永野重雄とは美土路と相談しながら、同社設立の手続きを進めた[17]若狭得治は「一切永野さんと美土路さんの手によって全日空が作られた」と述べている[17]。全日空は、その後もハワイチャーター便問題や、日本貨物航空の問題など、多くに永野の力を借りた[17][18]

当初は東京を拠点にヘリコプターによる宣伝事業のみを行っていたが、NHKの報道ヘリコプターの運航や空中散布、やがて飛行機による事業にも参入し、1953年(昭和28年)12月15日にデ・ハビランド ダブによる貨物航空事業を開始した。1954年(昭和29年)2月1日には旅客航空事業を開始、東京を13時30分に出発し大阪に16時着、大阪を17時に出発し、東京に19時15分着の1日1往復、集合場所から飛行場までの送迎サービスが付いて料金は片道4500円であった[19]

極東航空株式会社は、日ペリより1日早い1952年(昭和27年)12月26日に、太平洋戦争前に関西航空事業を行っていた井上長一らにより大阪で設立。大阪を拠点として、大阪 - 四国・大阪 - 九州といった西日本方面の航空路線を運営していた。

全日本空輸の設立

旧ロゴ 「レオナルド・ダ・ヴィンチのヘリコプター」に翼章

その後、国内航空輸送を一本化するという運輸省の方針などにより、両社は合併に向けて協議を開始する。合併比率でもめたものの、日本商工会議所会頭藤山愛一郎日本航空協会会長郷古潔日本航空社長柳田誠二郎らの斡旋により、合併手続きは進み、1957年(昭和32年)12月1日、合併登記が完了し設立した。

初代社長には、元朝日新聞社常務取締役で日本ヘリコプター創設者の美土路昌一が就任した。この合併により全日本空輸(ANA)は、ダグラスDC-3型機9機、デ・ハビランド DH.114 ヘロン3機、デ・ハビランド DH.104 ダブ4機、ベル47D-1ヘリコプター4機など、合計26機をもって、北は北海道から南は沖縄までの日本全国19都市を結ぶ、日本国内最大のネットワークを誇る航空会社となった[20][注釈 2]

ANAの成長の過程で特徴的なこととして、総代理店制度の採用が挙げられる。これは、航空輸送事業の黎明期に、各就航地の有力企業と提携し、航空会社の業務のうち、市内業務(営業活動)と空港業務(ハンドリング業務)を業務委託するという画期的な制度であった。業務委託は、市内では航空券販売や電話予約センター、代理店販売促進活動、団体営業など、空港では旅客ハンドリング・貨物ハンドリングから、機内における各種業務や機内清掃まで、幅広かった。

総代理店の主な会社は、今は路線廃止で業務を終了している会社もあるが、「北海道地区」で、三ツ輪運輸(釧路・女満別)、道北バス(旭川)、函館エアサービス(函館)、「東北地区」で日本通運(仙台・秋田)、庄内交通(庄内)、秋北航空サービス(青森・大館能代)、「中部地区」で名古屋鉄道(名古屋)、福井空港(福井)、北陸鉄道(小松)、富山地方鉄道(富山)、新潟交通(新潟)、静岡空港エスエーエス【旧・静岡エアポートサービス】(静岡)、「関西地区」で名古屋鉄道(南紀白浜)、「中国・四国地区」で両備ホールディングス【旧・両備バス】(岡山)、中国ターミナルサービスJTB(広島)、サンデン交通(山口宇部)、日ノ丸自動車(鳥取・米子)、高松商運(高松)、伊予鉄道(松山)、とさでん交通(高知)、「九州地区」で九州産業交通(熊本)、長崎空港ビル(長崎)、大分航空ターミナル(大分)、宮崎交通(宮崎)、南国交通(鹿児島)、福江空港ターミナルビル(五島福江)等が挙げられる。総代理店は、大口の株主にもなり、名古屋鉄道は長らくANAの筆頭株主であった。その関係で名古屋鉄道と宮崎交通は、ANAの社外取締役を輩出しており、特に名鉄は現在まで継続している。ANAと総代理店が共同で航空需要の開拓を行ってきたが、昨今では予約のインターネットへの移行等で総代理店の業務も空港業務に絞られてきている。

その創立に関わった名古屋の名鉄グループとの資本関係は変わっておらず、ANAと名鉄グループに代表される名古屋政財界は有形無形両面からの強力な結びつきを持っているといわれている。その結びつきが表面化した一例として、ANAがそのプログラムローンチ以来深い関わりを持って量産体制を構築したボーイング社最新鋭機ボーイング787ドリームライナー)の胴体や主翼など主要部品が、愛知県に集積している日本の航空機製造産業拠点で製造され、愛知県常滑市中部国際空港から787最終組み立て工場がある米国本土シアトルまで専用機で特殊貨物輸送を行っている例がある。前述の総代理店制度時代から現在の787国内生産体制に至るまで、ANAと中部地方の産業界とは親密な関係を維持している事が他の企業にはない特徴であるといわれている。

全日空設立以降

高度経済成長と発展

全日空は1959年(昭和34年)4月1日に東京 - 大阪直行便(毎日2便 DC-3)の開設に続き、10月10日には東京 - 札幌(千歳)直行便を開設し、国内幹線への進出を果たす。また、1960年(昭和35年)12月、韓国学生文化使節団一行の帰国便をコンベア440によりソウル(金浦)へ運航し、国際チャーター便も開始した。1961年(昭和36年)9月23日には、当時まだ米軍施政下にあった沖縄への定期便、鹿児島 - 沖縄線の第一便がフォッカー F27により運航を開始した。この路線は1972年(昭和47年)の沖縄返還まで全日空で唯一の国際定期便であった。1962年(昭和37年)10月には戦後初の国産旅客機であるYS-11の20機の予備契約を行い、同社は初のローンチカスタマーとなった。正式契約は1964年(昭和39年)となり、同年9月9日に2号機をリースし、「オリンピア」の愛称で当時開催された東京オリンピック聖火を日本全国に空輸した。

高度経済成長に伴う航空需要拡大を受けて、機材も大型化し、当時日本航空のダグラス DC-4より1 - 2割高速だった[22]コンベア440や、フォッカー F27、YS-11、ヴィッカース・バイカウントシリーズ、ボーイング727型機などの当時の最新鋭機を精力的に導入していった。また、航空行政(運輸省)の方針に従い、中小航空会社の合併・事業継承も行った。1964年(昭和39年)11月1日、藤田航空を吸収合併し、1965年(昭和40年)2月1日、中日本航空の定期航空部門を吸収、さらには1967年(昭和42年)12月1日、長崎航空の定期航空部門を継承した。これらにより、1968年(昭和43年)には、世界民間航空旅客輸送実績ランキングで、日本航空を抜き第19位に浮上し、1979年(昭和54年)にはアメリカン航空 (AA) に次ぐ、世界第6位の航空会社となった。

1976年2月にはロッキード事件が明るみに出た。全日空の新ワイドボディ旅客機導入選定に絡み、ロッキード社が全日空にL-1011 トライスターを導入させるため田中角栄を始めとする閣僚らに多額の賄賂が支払われたという事件で、全日空においても澤雄次専務、藤原亨一取締役、若狭得治社長、渡辺尚次副社長などが外為法違反や偽証罪などで逮捕された[23][24]。1976年3月22日、全日空は「トライスターはこうして選ばれた」とするテーマで社内報増刊号を発行、社員に向け潔白であることを訴えた[25]

国際定期便への進出

設立当初より国内線が主軸であった。全日空は国際線への参入を計画していたが、日本航空の「第二の国際線会社が東南アジア路線に進出すると、航空協定のバランスが崩れて日本に対する批判が高まる」とする反対意見により実現は困難を極めた[26]。さらに1970年には「45/47体制」と呼ばれる当時の運輸省の政策により、日本航空は国際線と国内線幹線を、全日空は国内線幹線とローカル線・近距離国際線チャーターを、東亜国内航空は国内ローカル線の運航を担当し将来的には幹線に参入するという棲み分けができた。この時点で全日空の国際定期便への参入は事実上不可能となったが、一方で全日空は日本航空の許可と余剰機体の使用などの条件は付くものの、国際チャーター便を運航することが可能となり、1971年(昭和46年)に香港にチャーター便を飛ばして以降、国際線の運航実績を積み上げていった。

1978年(昭和53年)、アメリカで航空規制緩和法が成立すると各国でも航空会社の競争が始まり、1980年代には日本の45/47体制も転換の時期を迎えた。 全日空は1986年(昭和61年)3月3日より国際線定期便の運航を開始。最初の路線はロッキード L-1011 トライスターの運航による成田 - グアム線だった[27](その後撤退)。

同年にアメリカ本土への路線として成田 - ロサンゼルス線と成田 - ワシントンDC線をボーイング747-200B型機で就航させた。翌1987年(昭和62年)は中華人民共和国への路線として成田 - 北京線と成田 - 大連線、当時イギリス植民地であった成田 - 香港線を開設、同年10月には成田 - シドニー線を開設した(その後撤退)。1988年(昭和63年)には大韓民国への路線として成田 - ソウル(金浦)線を開設し、1989年(平成元年)には初のヨーロッパ進出となる成田 - ロンドン(ロンドン・ガトウィック空港[28]線を開設した。1990年(平成2年)11月には国際線のネットワーク拡張に合わせてボーイング747-400を導入した。

国際線の拡大とスターアライアンスへの加盟

1994年(平成6年)の関西国際空港開港後は、同空港を成田国際空港(当時の新東京国際空港)と並ぶ拠点と位置づけ中国北東アジア路線だけでなく、デンパサールヤンゴンムンバイシドニーブリスベンローマロンドンなど関空からの中・長距離の路線の開設を積極的に行った。2000年頃までは小牧空港からホノルルへの路線や福岡空港からバンコク上海、大連等への路線も開設していった。さらにアメリカ線の強化で成田からのシカゴサンフランシスコ線を開設したほか、ジャカルタ、デンパサール、ムンバイ線を毎日運航で就航させたものの、その後の不採算などにより撤退した路線も多数ある。(シカゴ・デリー・ムンバイ・クアラルンプール・ヤンゴン・ジャカルタ・シドニーなどは就航当初の関空からは撤退しているものの、2006年 (平成18年)後半以降に成田・羽田から路線を復活させた。)

スターアライアンス塗装のボーイング767

その後1999年(平成11年)10月に、航空連合の一つであるスターアライアンスに9番目の航空会社として加盟した。スターアライアンス加盟航空会社とのコードシェアによって国際線路線網の少なさをカバーするとともに、重複路線からの自社運航便の撤退や、日本国外での知名度を向上させるなど、航空連合に加盟することで自社の弱点を補うという経営戦略への転換を図ることとなる。なお加盟後は機体に「STAR ALLIANCE」のマークとロゴマークを追加している。

経営不振に伴い、1999年5月に制定した2002年度に至るまでの中期経営計画では、選択と集中を推し進めるとし構造改革を勧めた[29][30]。ビジネスユーザにターゲットを絞った路線展開を進めることとなり、国際線に関しては従来ハブ空港であった成田と関空の2拠点を改め、二期工事完成を控える成田に経営資源を注力する方針となった。これに伴って関空発着の欧州・豪州方面の長距離路線は撤退・コードシェアへの移管を進めた。また関空発着路線に機内食を提供している関西インフライトケータリングを始めとする関空周辺の関連会社の経営権を手放したりした。関空を拠点とする新たな運航会社(エアージャパン)に関空発着路線を2000年度から全日空から運航を移管しコスト削減を進めるとした。これらの路線整理に伴い国際線は座席キロベースで3割程度削減した。国内線に関しては、関空・福岡路線を中心とした地方路線のエアーニッポンへの移管にともなうコスト削減、羽田への経営資源の集中投下を進めるとした。

2000年7月に日本航空、日本エアシステム (JAS)とともに東京(羽田)-大阪(伊丹・関空)においてシャトル便の運航を開始した。

関空発着の長距離線撤退に伴い国際線の事業規模は縮小したものの、2001年3月期においては旅客数の向上、上級クラスの利用率向上が見られるなど収益性は向上し黒字転換に近づいた。関空発着路線においても新たにホノルル線[注釈 3]を開設するなどしてアジアおよびリゾート路線の拠点空港としての立ち位置を明確にさせたり国際線のエアージャパン・国内線のエアーニッポンへの移管を進めたりと収益性の向上に努めた。また一部の羽田発着の国際チャーター便にも参入した[31]

これらの改革の結果、定期便進出から18年後の2004年度に国際線の初の黒字化を達成した[32]

政府の援助による経営再建

2001年(平成13年)9月に発生したアメリカ同時多発テロ事件による世界規模での航空需要の落ち込みを受けて業績が低迷し、国土交通省の助けを受けて日本航空や日本エアシステムとともに政府系金融機関日本政策投資銀行から無利子融資を受け、経営の再建を図ることとなった[33]。しかし、2003年(平成15年)度と2004年(平成16年)度にもSARSの蔓延などにより再度世界規模での航空需要の落ち込みが起きたことで業績が低迷し、リストラを行うことを条件に日本政策投資銀行から合計500億円に上る無利子融資を受けた[34]。この結果2003年(平成15年)度は黒字を計上。悲願であった復配も達成した。また2004年(平成16年)4月26日に、ボーイング社が開発しているボーイング787(開発名称7E7)を50機発注し、同機のローンチカスタマーとなった(後述)。

呼称変更

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたヘリコプターを意匠とした塗装(復刻、ボーイング767-300)

2003年(平成15年)に、公式の呼称を慣れ親しまれてきた「全日空」から、同社の英字社名「ALL NIPPON AIRWAYS CO., LTD」の頭文字を綴った「ANA(エー・エヌ・エー)」へ変更・統一してイメージ転換を図り、ロゴマークも「全日空」や「All Nippon Airways」から「ANA」に変更し[注釈 4]、グループ航空会社運航機を含めて機体塗装もロゴマーク部分を変更している(一部の機材を除く)。機体への機種名表記はこの時に消滅したが、後に導入されたボーイング787などでは機種名を表記している。グループ会社についてもほとんどが社名の「全日空」を「ANA」に変更しており、2014年(平成26年)2月現在、社名に「全日空」と付く企業は全日空商事、全日空商事デューティーフリーと全日空モーターサービスを残すのみとなっている。しかし、一般的には引き続き「全日空」と呼ばれることが多く、日本のマスメディア各社の報道などでは「全日空」の呼称が使われることが多い。また、同時期(2004年)にグループ航空会社(エアーニッポン・エアージャパン等)での運航便を「ANA」便名へ変更している。

持株会社化

2012年(平成24年)2月17日、全日本空輸は2013年(平成25年)4月1日を以て持株会社制へ移行する方針を発表した。持株会社の名称は「ANAホールディングス株式会社」、事業会社の名称は「全日本空輸株式会社」となり、会社分割の手法により持株会社となった。持株会社制移行に先立ち、2012年(平成24年)4月2日に事業の受け皿となる子会社としてANAホールディングス株式会社が設立され(事業譲り受け時に「全日本空輸株式会社」に社名変更)、持株会社移行の際に「全日本空輸株式会社」が「ANAホールディングス株式会社」に社名変更された[35][36]。また、2012年(平成24年)4月よりそれまで使われていたレオナルド・ダ・ヴィンチのヘリコプターの絵をあしらった社章・社旗をANAロゴに変更した[37]

2012年(平成24年)まで使用されていた社章は、ANAマイレージクラブ入会からの総飛行距離が一定数に達した際の記念品に用いられている[38]

現在

この2007年には、『エアー・トランスポート・ワールド』(ATW)誌上で「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に初めて選ばれた。なお、日本の航空会社として選ばれたのは日本航空に次いで2社目となる。2013年4月には、イギリス・スカイトラックス社が運営する「エアライン・スター・ランキング」で日本の航空会社として初めて、アジアで6社目、世界で7社目として[39]5つ星を獲得した[40]。また、2013年7月には2006年4月に日本ユニシスと開発に合意していたAirCoreを採用した予約系システム(CRS)を稼働し、大手ネットワークキャリアの中では世界で初めて予約系システムを汎用機からオープン系へと移行した[41][42]

2014年(平成26年)5月には「旅客キロ」(RPK)[43]と呼ばれる航空指標で初めてJALを上回ってANAが日本国籍航空会社のトップに立った。 これには日本航空の経営再建や、同年3月の羽田空港発着枠割当で大幅にANAに対して発着枠が割当られたことなどが影響しているが、ANAが日本航空を追い抜いたことは日本の航空行政の歴史上大きな意味を持つといわれている。

急拡大したANAの国際路線網は、ANAHDグループが安定的な黒字決算に寄与し、2014年(平成26年)には追加発注となる777-300ER型機6機を含む多数の新規機材発注を行うなど、同社の中長期的な成長投資を支える原動力になっているといわれている。中期的な成長原資として追加発注したB777-300ERやA320neoファミリーなどの新規機材を活用し、さらなる自社運航の国際路線強化を推進している。

2015年(平成27年)4月には初の国際線仕様B787-9型機を受領した。また新サービスブランド「Inspiration of Japan (IOJ: インスピレーション・オブ・ジャパン)」仕様に機内内装を改修する為、約4年がかりで特別改装作業を行っていたB777-300ER型機も全機改修が完了し、全ての機体に「IOJ」のロゴが塗装された他、2015年(平成27年)前半に受領した新造機と合わせて20機以上のB777-300ER型機を自社保有している。中長期的展望としては、中央アジアアフリカ大陸などへ長距離国際線の新規開設や、2020年東京オリンピック関連の航空移動特需への対応などを重要課題として挙げた。

同年、日本の航空会社として、初の直行便として東京からベルギー/ブリュッセルへの自社運航便を就航させることを発表した。ヨーロッパの中央に位置するブリュッセル欧州連合(EU)本部や、自衛隊がオブザーバー参加しており、事実上の軍事同盟関係にあるため、日常的な要人往来の機会も多いNATO本部が所在し、ビジネス利用などの安定需要が期待できるという。同年6月にはアメリカ合衆国ヒューストンへの直行便を新規開設した。

2017年(平成29年)2月には、日本からの経済進出事例が急増しているメキシコ/メキシコシティに自社運航便を就航させた[44]

いずれの路線でもローンチカスタマーとして50機以上を発注しているB787ファミリー(ドリームライナー)が持つ長大な航続距離を活用する事により、直行便運航を可能としている。

2019年(令和元年)5月24日、成田-ホノルル間でエアバスA380を使用したフライングホヌ (ハワイの空 ANAブルー)が就航した。

2020年(令和2年)はCOVID-19の影響で国際線・国内線共に売上が大幅に減り、2021年3月期第1Qでの経常利益は 156,544 百万円の赤字 (前年同期は 17,038 百万円の黒字)、「親会社株主に帰属する四半期純利益」は 108,819 百万円の赤字 (同 11,418 百万円の黒字)となった[45]。同年10月27日、2021年3月期 第2四半期決算が売上高は2,918億円、営業損失は2,809億円、経常損失は2,686億円、親会社株主に帰属する四半期純損失は、繰延税金資産等を計上(約760億円)したことにより、1,884億円となり、2021年3月期の連結業績予想は、売上高7,400億円(前期比62.5%減)、営業損失5,050億円(前期営業利益 608億円)、経常損失5,000億円(前期経常利益 593億円)、親会社に帰属する当期純損失5,100億円(前期親会社に帰属する当期純利益 276億円)を見込み[46]、総額4,000億円の劣後特約付シンジケートローン契約締結を発表[47]。事業構造改革として、コスト削減の一環で2020年度中に経年機を中心に計35機退役をすすめ、導入は超大型機エアバスA380型機の3号機を2021年に受領延期、次世代大型機777-9を2023年以降受領延期それぞれの交渉がメーカーと纏まった事を発表。Peach Aviationに次ぐLCCの「第3ブランド」の運航を2022年を目処に開始すると発表した[48][49]。第3のブランドは、中距離東南アジア・豪州路線を中心に拡大が見込まれるレジャー需要獲得を担うために立ち上げる。また、エアージャパンを母体とすることで、速やかな事業立ち上げが可能であり、急激な需要動向の変化への柔軟な対応力を保持できる。ANAで使用されているボーイング787型機を活用することで低ユニットコストを実現する[50]

同年10月20日、持続可能な航空燃料(SAF)の調達に関する戦略的提携をネステ社と締結したことを発表。10月24日以降の羽田・成田発の定期便にて利用を開始し、本邦航空会社として初の日本発定期便における取り組みとなった[51][52][53]

2020年10月、1954年2月の旅客事業開始から発行してきた紙の時刻表を廃止すると発表した[19]

ロゴマーク



トリトンブルー モヒカンブルー[54]

1982年より使用している現行のロゴは、「ANA」の文字の横に、機体塗装にも使用されている濃い青のトリトンブルーと薄い青のモヒカンブルーを組み合わせた平行四辺形のラインが入っている。トリトンブルーは、海の波と風を鎮めたといわれるギリシア神話の神トリートーンに由来し、航空業界では機体のことをシップ、機長のことをキャプテンと呼ぶ、左側から乗降することなど船舶の慣習から伝わった要素が多く、海と空で違いはあるものの、「旅の安全」を願う気持ちを込めて命名されている。モヒカンブルーは1982年の塗装変更以前の「モヒカン塗装」に使用されていた色で、この2色がロゴ、機体塗装など様々な個所で使用されている[55]。2002年頃までは、平行四辺形のラインの右または現在のロゴにあたる部分の下に「全日空」と併記されていた。2013年にはタグラインとして「Inspiration of JAPAN」が設定されたことは前記したが、これは機体にも順次表記されている。(フォントは「Myriad(ミリアド)」)


注釈

  1. ^ 元々は2009年11月から機内サービスなどのプロダクト・サービスブランド「Inspiration of Japan」として使用されていたもので、2013年9月からタグラインとして設定された[8]
  2. ^ 当時使用していたベル47D-1の1機は現存し、訓練センターに保管されている[21]
  3. ^ 関空-ホノルル線は現在は撤退済み
  4. ^ 最後の「全日空 All Nippon Airways」ロゴマークはB747-481のJA8966であった。
  5. ^ 全日本空輸及びANAウイングス。
  6. ^ 事前の予約が必要。プレミアムクラスで予備で仕入れたものを、余裕がある場合に限り、数量限定という形で提供していた。プレミアムクラス設定便であっても取り扱ってないケースがある。
  7. ^ 普通席では安全を考慮し、客室乗務員が熱湯を注ぐことが禁じられたことから、乗客にお湯入りの水筒を手渡して、販売した。
  8. ^ a b 主に沖縄路線限定で販売していた。
  9. ^ ドジャース所属選手の内、大谷翔平は同業会社の日本航空との間でサポート契約を締結しているため、大谷個人で移動する場合は日本航空機を、ドジャースのチームとして移動する場合は全日空機を利用することになるとしている。

出典

  1. ^ エア・ドゥとのコードシェアで乗り入れ。
  2. ^ スターフライヤーとのコードシェアで乗り入れ。
  3. ^ オリエンタルエアブリッジとのコードシェアで乗り入れ。
  4. ^ 天草エアラインとのコードシェアで乗り入れ。
  5. ^ a b c d e f g 日本エアコミューターとのコードシェアで乗り入れ。
  1. ^ 会社概要”. ANA HOLDINGS INC.. 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 第11期決算公告、2023年(令和5年)6月21日付「官報」(号外第130号)119頁。
  3. ^ 全日本空輸株式会社の情報国税庁法人番号公表サイト)
  4. ^ 会社概要(全日本空輸株式会社)”. 全日本空輸株式会社. 2023年6月21日閲覧。
  5. ^ 月次輸送実績 ANA Group、2023年7月閲覧。
  6. ^ 月次輸送実績 日本航空、2023年7月20日閲覧。
  7. ^ 航空:令和元年度 - 国土交通省”. www.mlit.go.jp. 2021年3月20日閲覧。
  8. ^ タグライン「Inspiration of JAPAN」について”. 全日本空輸. 2014年7月4日閲覧。
  9. ^ ANAグループの事業”. ANA HOLDINGS INC. 2017年2月8日閲覧。
  10. ^ “航空大手2社:ANA・日航とも増収 国際線ビジネス利用伸長”. 毎日新聞. (2018年4月28日). https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/008/020/077000c 
  11. ^ 第7回 航空機ファイナンス - 一橋大学三井住友銀行寄附講義
  12. ^ 季刊誌『ていくおふ』Winter 2010 No.129 SPECIAL CONTRIBUTION:快適性を向上させた新しいキャビンプロダクト” (PDF). ANA総合研究所. 2017年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  13. ^ 特集 ● 観光立国と交通政策/紹介観光と航空輸送」(PDF)『国際交通安全学会誌』第3号、2006年10月、50頁、2017年3月4日閲覧 
  14. ^ すべては2機のヘリコプターから始まった。創業時のDNA、未来へ。(全日本空輸 2020年8月7日)2023年11月3日確認
  15. ^ #現在窮乏、111 - 113頁。
  16. ^ 深川孝行 (2024年3月31日). “ANAの生みの親は「朝日新聞」だった? 日本を代表する航空会社と大新聞社の知られざる蜜月関係とは”. Merkmal(メルクマール). p. 6. 2024年4月6日閲覧。
  17. ^ a b c 若狭得治 『かなわんな、永野さんには』」『永野重雄追想集』「永野重雄追想集」刊行会 日本商工会議所東京商工会議所、1985年、252-253頁。 
  18. ^ 第1章 開業前史 - Nippon Cargo Airlines-20頁。
  19. ^ a b さよなら紙の時刻表 ANA「歴史あるものだけど…」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年3月6日閲覧。
  20. ^ 限りなく大空へ pp105
  21. ^ 全日空、創業時運用のヘリを移転 羽田近くの新訓練拠点に 共同通信 2020年6月30日
  22. ^ 限りなく大空へ pp137
  23. ^ 今日は何の日 7月27日は政治を考える日”. insight now. 2019年10月14日閲覧。
  24. ^ 事件の年表”. NHK. 2019年10月14日閲覧。
  25. ^ 青鉛筆『朝日新聞』1976年(昭和51年)3月28日朝刊、13版、23面
  26. ^ やっとテスト飛行 普通の半値で海外旅行を 全日空国際線『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月12日朝刊 12版 22面
  27. ^ 原口和久 (2002). 成田 あの1年. 崙書房. p. 139 
  28. ^ 後に羽田ーヒースローへ変更
  29. ^ 社長インタビュー』(プレスリリース)全日本空輸、2000年8月https://www.ana.co.jp/wws/tw/j/about_ana/corp_info/investor/stock_info/reports/images/1999/d.pdf2019年10月12日閲覧 
  30. ^ 1999アニュアルレポート』(プレスリリース)全日本空輸https://www.ana.co.jp/wws/cn/j/about_ana/corp_info/investor/stock_info/reports/images/1999/full.pdf2019年10月12日閲覧 
  31. ^ アニュアルレポート2001』(プレスリリース)全日本空輸、2001日3月https://www.anahd.co.jp/investors/data/annual/pdf/01/01j_00.pdf2019年10月12日閲覧 
  32. ^ 絶体絶命を乗り越えて黒字化したANAの国際線”. AERA. 2019年10月12日閲覧。
  33. ^ 「国内大手2社 日本政策投資銀行が緊急融資を実行」2003年10月6日 読売新聞
  34. ^ “日航と全日空に緊急融資、リストラ条件に…政策投資銀”. 読売新聞. (2004年3月31日). オリジナルの2004年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040407234335/http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20040331i306.htm 
  35. ^ グループ経営体制変更の検討について』(プレスリリース)ANA NEWS、2012年2月17日https://www.ana.co.jp/pr/12-0103/11a-179.html2017年2月12日閲覧 
  36. ^ 持株会社制移行に伴う会社分割並びに定款変更(商号および事業目的の変更)に関するお知らせ』(プレスリリース)ANA NEWS、2012年5月15日https://www.ana.co.jp/pr/12_0406/12-025.html2017年2月17日閲覧 
  37. ^ 2012年度ANAグループ入社式の実施について〜「グループ一丸」の象徴としてグループ統一社章・社旗を導入します。〜』(プレスリリース)ANA NEWS、2012年4月2日https://www.ana.co.jp/pr/12_0406/12a-001.html2017年2月12日閲覧 
  38. ^ 「ANA Million Miler プログラム」のご案内”. ANA. 2017年2月12日閲覧。
  39. ^ “全日空:英スカイトラックス最高評価を獲得-日本初、世界で7社目”. ブルームバーグ. (2013年3月29日). オリジナルの2013年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130401044502/http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MKET306KLVR601.html 2013年9月18日閲覧。 
  40. ^ “世界に6社しかない"5つ星エアライン"に全日空が選ばれる”. マイナビミュース 旅と乗りもの. (2013年4月2日). https://news.mynavi.jp/article/20130402-a083/ 
  41. ^ “ANAと日本ユニシス、国内線旅客システムをオープンシステムに移行”. ITPro. (2013年7月2日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/ActiveR/20130702/488789/  [リンク切れ]
  42. ^ ANA、日本ユニシス 国内線旅客システムを世界で初めて「オープンシステム」にて刷新 〜 大手ネットワークキャリア初のオープンシステム化により、低コストで迅速な顧客サービスの投入が可能に 〜』(プレスリリース)日本ユニシス、2013年7月2日https://www.unisys.co.jp/news/nr_130702_aircore.html2017年2月12日閲覧 
  43. ^ 用語集” (PDF). ANA. 2017年1月15日閲覧。
  44. ^ 成田=メキシコシティ線の運航開始日・ダイヤの決定について』(プレスリリース)ANA NEWS、2016年11月10日https://www.anahd.co.jp/group/pr/201611/20161110.html2017年12月10日閲覧 
  45. ^ ANAホールディングス[9202: 2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2020年7月29日(適時開示) : 日経会社情報DIGITAL: 日本経済新聞]”. NIKKEI (日経会社情報DIGITAL). 2020年7月29日閲覧。
  46. ^ 2021年3月期 第2四半期決算および通期業績予想について
  47. ^ 劣後特約付シンジケートローンによる資金調達について
  48. ^ ANAグループの新しいビジネス・モデルへの変革について』(プレスリリース)ANAホールディングス、2020年10月27日https://www.anahd.co.jp/group/pr/202010/20201027-2.html2020年10月27日閲覧 
  49. ^ “ANA、中長距離LCC立ち上げ ボーイング787型機使用、エアージャパン母体”. TRAICY. (2020年10月27日). https://www.traicy.com/posts/20201027186786/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&amp&__twitter_impression=true 2020年10月27日閲覧。 
  50. ^ ANAグループの新しいビジネス・モデルへの変革について
  51. ^ 持続可能な航空燃料、全日空がネステのシンガポール工場から調達”. www.asiax.biz (2020年10月28日). 2020年10月31日閲覧。
  52. ^ 再生可能エネルギー大手NESTEと中長期的なSAFの調達に関する覚書を締結”. ANAグループ企業情報 (2020年10月26日). 2020年10月31日閲覧。
  53. ^ ANA、ネステ社から持続可能航空燃料調達へ – 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社” (2020年10月27日). 2020年10月31日閲覧。
  54. ^ ANAブランドについて|ANA 採用情報 - ANAグループ企業情報
  55. ^ ANA Trivia Vol.07 ANAのロゴカラーの濃いブルーの由来は?”. ANA (2015年11月12日). 2022年12月25日閲覧。
  56. ^ ana_travel_infoのツイート(1068784264303529984)
  57. ^ コードシェアについて[国内線]|ご予約/旅の計画|航空券予約・空席照会|ANA”. 全日本空輸. 2017年3月18日閲覧。
  58. ^ a b c ANA国内線サービスリニューアルについて(プレスリリース) - 全日本空輸(2012年4月11日付、同年8月6日閲覧)
  59. ^ a b 現地空港のケータリング会社や弁当店。中には鉄道の駅弁販売会社などが手掛けるものもあり。
  60. ^ プレミアムクラスへの変更に関するご案内 (ANA)
  61. ^ 2018年春 プレミアムクラスのご利用がより便利になります(プレスリリース) - 全日本空輸(2017年12月22日付、2018年3月27日閲覧)
  62. ^ 新型シートの画像のあるページ(スーパーシートおよびスーパーシートプレミアムの画像などもあり)
  63. ^ B737-800のシート画像
  64. ^ a b 選べる有料サービス「ANA My Choice」を拡充します〜サービス体系を大幅に見直し、有料サービスをリニューアルします〜』(プレスリリース)ANA、2010年1月29日https://www.ana.co.jp/pr/10_0103/10-013.html2013年11月8日閲覧 
  65. ^ その後、スターバックスコーヒーはプレミアムクラス利用者に無償で提供、普通席ではインスタントコーヒーの無償サービスに切り替えた。
  66. ^ 新しいサービス「ANA My Choice」がスタートします〜お客様のご希望に応じて選べる有料サービスを追加して空の旅を自分らしくアレンジ〜』(プレスリリース)ANA、2009年10月30日https://www.ana.co.jp/pr/09-1012/09-176.html2013年11月8日閲覧 
  67. ^ 翼の王国eライブラリ”. 2022年11月4日閲覧。
  68. ^ B5版冊子による配布に変わった。
  69. ^ ANAの「国内線Wi-Fiサービス」を乗って検証、“自分の端末でテレビを見られる”のが売り!?”. 2016年1月26日閲覧。
  70. ^ ANA、国内線の機内インターネット接続サービス「ANA Wi-Fiサービス」を1月25日提供開始”. 2016年1月26日閲覧。
  71. ^ ANA国内線「ANA Wi-Fi Service」が2018年4月1日無料に!”. 2018年8月14日閲覧。
  72. ^ Wi-Fi・エンターテイメント|空港・機内で[国内線]”. 2018年8月14日閲覧。
  73. ^ 2016年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定 - ANAプレスリリース 2016年1月20日
  74. ^ 全日空の国際線、中部空港がゼロ便に”. 日本経済新聞. 2020年1月31日閲覧。
  75. ^ 全日空国際線、中部ゼロに 香港、上海線、3月末から運休”. 中日新聞. 2020年1月31日閲覧。
  76. ^ 開港以来初…ANA運航の国際線が中部国際空港で『ゼロ』に 香港便は情勢不安等で需要が激減”. FNN prime. 2020年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月3日閲覧。
  77. ^ “ANA、不採算の国際線削減へ 社長「7月末にも公表」”. 朝日新聞デジタル. (2020年6月8日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6775DJN67ULFA006.html?iref=comtop_list_biz_n08 2020年10月22日閲覧。 
  78. ^ “ANA、国際線で羽田を優先=コロナで需要減、コスト抑制”. 乗りものニュース. (2020年10月22日). https://trafficnews.jp/post/101088 2020年10月22日閲覧。 
  79. ^ ANA、「民の力」で日中関係の基礎を作った岡崎嘉平太 2代目社長の特別展を羽田空港でスタート
  80. ^ ANA、羽田国際線の出発ターミナル決定 第2が6割、第3も継続
  81. ^ https://www.anahd.co.jp/group/pr/202001/20200124-2.html
  82. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/204707
  83. ^ ANA国際線、羽田空港第2ターミナルからの運航を3年ぶりに再開|プレスリリース|ANAグループ企業情報”. www.anahd.co.jp. 2023年5月26日閲覧。
  84. ^ https://sky-budget.com/2020/12/04/haneda-airport-expand/
  85. ^ a b c d 2024年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定 - ANAホールディングス 2024年1月23日
  86. ^ a b 運航開始・再開・休止路線のご案内(国際線)”. ANAホールディングス. 2024年3月16日閲覧。
  87. ^ A380 ファーストクラス シート詳細”. A380 ファーストクラス シート詳細. ANA. 2019年10月29日閲覧。
  88. ^ a b 国際線の機内空間を一新し、最上級のくつろぎ空間を実現します”. ANAグループ プレスリリース. ANA (2019年7月11日). 2019年10月14日閲覧。
  89. ^ BUSINESS CLASS シート ANA国際線
  90. ^ 2010年、新しいANAがスタート ANAプレスリリース・2009年11月10日
  91. ^ ANA COUCHii(ANAカウチ)
  92. ^ 家族連れにうれしいカウチシート。広々とした1階に383席が並ぶANA A380型機のエコノミークラス
  93. ^ エコノミー「スカイカウチ」
  94. ^ 国際線機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」開始”. 全日本空輸. 2020年10月24日閲覧。
  95. ^ ANA Wi-Fiサービスのご案内 [国際線]”. 全日本空輸. 2020年10月24日閲覧。
  96. ^ ボーイング787-9型機の国際線仕様機を日本で初めて受領”. 全日本空輸. 2020年10月24日閲覧。
  97. ^ ANA、国内線機内Wi-Fiインターネットを2018年4月から無料にトラベル Watch、2024年3月8日
  98. ^ 2018年6月11日より、ファーストクラスのお客様はWi-Fiを無料でご利用いただけます。ANA、2024年3月8日
  99. ^ 貨物事業会社「株式会社ANA Cargo」が始動します ANA プレスリリース 2013年12月24日
  100. ^ https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/airinfo/codeshare/domestic/detail/jc.html
  101. ^ https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/airinfo/codeshare/domestic/detail/mz.html
  102. ^ ANA、欧州へのコードシェアを拡充(2015年10月16日)
  103. ^ コードシェアについて[国際線]|ご予約/旅の計画|国際線航空券予約・空席照会|ANA”. 全日本空輸. 2017年3月18日閲覧。
  104. ^ ANAとニュージーランド航空コードシェア運航に向けた基本合意を締結 ANA、ニュージーランド航空共同プレスリリース・2011年12月15日
  105. ^ ANAとアシアナ航空は、戦略的協力関係を構築
  106. ^ ANA、中南米へのコードシェアを拡充(2015年10月13日)
  107. ^ ANAとエチオピア航空、コードシェア提携を開始 ANAプレスリリース・2014年10月17日
  108. ^ ANAと吉祥航空がコードシェアおよびマイレージ・プログラム提携を開始 ANAプレスリリース・2018年3月14日
  109. ^ ANAと山東航空がコードシェア提携を開始 ANAプレスリリース・2012年6月12日
  110. ^ エア ドロミティとのコードシェア開始について”. 2014年8月31日閲覧。
  111. ^ ANAとフィリピン航空は、二社間提携に合意 ANAプレスリリース・2014年10月1日
  112. ^ PALホールディングスとの業務・資本提携について
  113. ^ ANA、ガルーダ・インドネシア航空とコードシェア 3月30日から Traicy 2014年3月10日付
  114. ^ ベトナム航空と10月30日よりコードシェア提携を実施~マイレージ・プログラム提携など、本格的な業務提携を開始~ ANA HOLDINGS NEWS 2016年10月26日
  115. ^ ベトナム航空と業務・資本提携に関する最終契約書を締結
  116. ^ ANAとNCAによる戦略的業務提携の合意 ANAプレスリリース・2018年2月26日
  117. ^ 当社連結子会社と ANA ホールディングス株式会社の株式交換実行時期変更に関するお知らせ
  118. ^ ANA、NCA子会社化を再延期 4月予定
  119. ^ ANAとエルアル・イスラエル航空がコードシェア提携契約を締結 ANAプレスリリース・2023年6月5日
  120. ^ ANA公式サイト・ANA歴史年表
  121. ^ マレーシア航空(MH)とのコードシェア・マイレージ提携の終了について ANAプレスリリース・2012年2月27日
  122. ^ ビーエムアイ(BD)とのコードシェア・マイレージ提携の終了について ANAプレスリリース・2012年4月20日
  123. ^ ヴァージン アトランティック航空〔VS) 提携航空会社(ANA公式サイト)
  124. ^ ANAとコンチネンタル航空がコードシェアを開始 ANAプレスリリース・2010年3月16日
  125. ^ ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の予約・運航システム統合について
  126. ^ ANAとUSエアウェイズのコードシェア開始について ANAプレスリリース・2009年8月5日
  127. ^ カタール航空(QR)とのコードシェアおよびマイレージ提携の終了について ANAマイレージクラブ 2014年6月25日
  128. ^ ANAとエジプト航空がコードシェアを開始 ANAプレスリリース・2010年12月13日
  129. ^ ハワイアン航空(HA)との提携終了について
  130. ^ アリタリア航空とのマイレージ提携終了について
  131. ^ ANAホールディングスとヴァージン・オービットが人工衛星打上げ事業に係る基本合意書を締結
  132. ^ a b c ANAとJAL、「紙の時刻表」廃止へ ネット検索多く需要減少 毎日新聞、2021年2月10日閲覧。
  133. ^ https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/airinfo/timetable/domestic/
  134. ^ https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/airinfo/timetable/international/
  135. ^ 新たな政府専用機の機種決定について-政府専用機検討委員会
  136. ^ 政府専用機の後継、B777に決定 整備は全日空に 日本経済新聞 2014年8月12日
  137. ^ 防衛省、ANAとKC-46A修理技術契約 767の新空中給油・輸送機(2019年7月8日)Aviation Wire
  138. ^ ドジャースとANAがパートナー契約 大谷翔平、山本由伸が所属 選手の移動などサポート”. 産経新聞 (2024年4月2日). 2024年4月2日閲覧。
  139. ^ 日本テレビ (2024年4月2日). “ANA 大谷選手ら所属のドジャースとパートナー契約”. 日テレNEWS NNN. 2024年4月2日閲覧。
  140. ^ ANAホールディングスとNHK交響楽団は音楽を通じた国際文化交流に取り組んでいきます - ANAホールディングス 2017年11月28日
  141. ^ 広告ガイド:読売新聞 -AD REVIEW-
  142. ^ 会社の歴史に感動する。ANAの企業CM。 | SDK - 採用動画研究所
  143. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37289900S8A101C1000000/
  144. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/159333
  145. ^ 客室乗務員の制服で知る、あの航空会社の昔と今 (3) AラインのミニやCA泣かせの制服も! ANA歴代の全制服を紹介 | マイナビニュース
  146. ^ ANA、制服デザイン一新-外国人デザイナー初起用:日刊工業新聞
  147. ^ https://www.fashion-headline.com/article/12108
  148. ^ パイロット、550 kmの深夜ドライブ直後に乗務
  149. ^ 全日空パリ支店長 機内で酒に酔い隣席の女性にけが 諭旨退職に NHKニュース 2018年10月5日
  150. ^ ANAウイングス機長、副操縦士に口裏合わせ依頼 飲酒で虚偽報告”. Aviation Wire 2019年1月9日. 2020年8月14日閲覧。
  151. ^ 「ANA経営陣の人災で妻を亡くした」CA昏睡で緊急着陸せず死亡、運航部門の指示に疑問
  152. ^ [https://biz-journal.jp/2022/03/post_285433.html ANA、CAが勤務中に死亡、連続6日の過酷労働…病歴申告も無視、国際線勤務に編入 ]
  153. ^ 勤務中のCA死亡、ANAが葬式で隠蔽行為か、遺族が告白…報告書で事実を歪曲か
  154. ^ ANA、副操縦士からアルコール検出 交代で運航遅れ”. 日本経済新聞 (2019/2/22 11:14). 2020年8月15日閲覧。
  155. ^ 副操縦士が大量飲酒で遅れ 全日空の香港行き”. 日本経済新聞 (2019年3月15日 18:26). 2020年8月14日閲覧。
  156. ^ 全日空CAからアルコール 遅れ4便、前夜に飲酒”. 産経新聞 (2020.1.4 17:34). 2020年8月14日閲覧。[リンク切れ]
  157. ^ 全日空も会員情報流出 マイレージクラブの100万人分 朝日新聞、2022年1月30日閲覧
  158. ^ SITA社システムへの不正アクセスによるANAマイレージクラブ会員情報の漏洩について』(プレスリリース)ANAhttps://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/news/info/2021/210306_memberinfo.html2022年1月30日閲覧 
  159. ^ ANAのシステム障害、影響は2万7千人に 会見で「深くおわび」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年4月4日). 2023年4月5日閲覧。






全日本空輸と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「全日本空輸」に関係したコラム

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全日本空輸」の関連用語

全日本空輸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全日本空輸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全日本空輸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS