リッチマン、プアウーマン 作品の評価

リッチマン、プアウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/18 21:27 UTC 版)

作品の評価

受賞

放送途中の9月14日に発売された雑誌『オリ★スタ』の「ドラマ☆AWARD2012夏」で、「オリスタGIRLS1000人が選んだ好きな夏ドラマ」第1位に選ばれた。恋愛ものと同時に現代の企業をリアルに描いた点、展開のテンポの良さ、「毎回、ある謎が登場し、その回のうちに解決してはまた次の謎が……という展開」「ドラマの連続性を生かしたストーリー」などが評価されている[35]

日刊スポーツ・ドラマグランプリ・2012年夏ドラマ選考では、小栗旬が主演男優賞、石原さとみが助演女優賞を受賞し2部門を制したほか、助演男優賞の3位に井浦新、作品賞でも2位となった[36]

第74回ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2012年11月発表)では、主演男優賞に小栗旬、助演女優賞に石原さとみが選ばれたほか、作品賞で3位、助演男優賞で井浦新が3位、ドラマソング賞で「ヒカリヘ」が2位となっている[37]

ソーシャルメディアの反響

インスタントメッセンジャーによるSNSサービス「LINE」の石原さとみ公式アカウントあてのメッセージとして、最終回放送前日の「最終回予想」に12万件、「最終回直後の感想」に約16万件が寄せられた[38]

評論家による評価

本作に関しては、恋愛ドラマの陰にアイデンティティを巡る問題を描いているという複数の指摘がある。早稲田大学文化構想学部教授(テレビドラマ研究)の岡室美奈子は、一見シンデレラ・ストーリー風ながら、偽名を名乗るヒロインや、実の母を知らず戸籍管理のシステムを作って母を探し求める主人公など、主要人物は自分自身がよく分からない者たちとして設定されており、古典的な自分探しのテーマを現代のバーチャルな時代の中で追及する物語であると分析した。そして同時期放送で同じく戸籍問題をテーマとした『息もできない夏』のアプローチがストレートであることと対比し、さまざまな要素の複合的な絡まりの向こうに深いテーマが見えてくる仕掛けがあり、恋愛も要素の一つとしてほどよいさじ加減で含まれていると評価した。[39]

また、ライターの木俣冬は、当初のヒロインの名「千尋」からアニメ映画『千と千尋の神隠し』を連想し、本作の「名前を覚えられない」主人公の設定と同アニメの名前を奪われて湯屋で働くキャラクターたちが登場する物語の構造などに共通性を見出し、やはりアイデンティティの問題を描いているとした。そして「社会の中で便宜上分たれた、リッチとプア、男(日向)と女(真琴)などのカテゴリーを有機的につなげていくことを描いている」、確かなつながりの見えない時代の「さみしい狭間をさまようニッポン人を鮮やかに描いた作品」であると評した。[40]

評論家宇野常寛とライターの成馬零一の対談では、フジテレビの月9枠という、「面白い作品を作るのと同時に、皆に観てもらえる作品でなければならない」ドラマ枠が試行錯誤の末に見出した新しい恋愛ドラマとして評価されている。この対談では、ここ数年のフジテレビのドラマでは、フジテレビヤングシナリオ大賞出身の脚本家や若手俳優を積極的に起用して、新人を育てようという明確な姿勢があるという流れとともに本作も評価されている。また、トレンディドラマ以降のフジテレビの恋愛ドラマが失ってきた「社会」との接点が、仕事というもう一つのテーマを魅力的に描いたことで取り入れられ、これをバランスよく配したことで恋愛の部分も輝いたと評価している。そして、主人公カップルの恋愛ドラマを盛り上げる「当て馬」の役割が女性のライバルである燿子ではなく、男性の朝比奈であり、主人公の日向を皆で取り合うという構造に制作陣のボーイズラブ的センスを見出している。この背景には、恋愛ドラマの訴求力が低下したゼロ年代トレンドであった友情ドラマがあり、月9枠として恋愛ドラマを回復するならばもはや同性のライバルではヒロインの当て馬にならず、友情と恋愛の中間である朝比奈と日向の関係を対立構造にして構成し、ゼロ年代的なものをなかったことにせず新しい恋愛ドラマをつくりだしたという点でも重要な作品であったと結論付けられている。[41]




注釈

  1. ^ 現実世界の土佐清水市以布利には鉄道駅は存在しない。
  2. ^ 現実にある症状としては相貌失認に似ているが、これは高次脳機能障害の一種で脳の損傷を原因とするものであり、心因性のものとの区別には注意を要する。
  3. ^ コンテンツの「一念」の表記は誤り[33]

出典

  1. ^ リッチマン,プアウーマン (2012)”. allcinema. 2017年10月13日閲覧。
  2. ^ 小栗旬が3年ぶりに月9主演! 石原さとみがヒロイン! 女性誰もが憧れるシンデレラストーリー!『リッチマン、プアウーマン』”. とれたてフジテレビ. フジテレビジョン. 2012年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月31日閲覧。
  3. ^ “公式アカウント、2012年8月14日のツイート”. オリジナルの2013年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130523090557/https://twitter.com/next_inn_info/status/235567787769212928 
  4. ^ NEXT INNOVATION、公式サイトへのリターン用ボタン”. 2012年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
  5. ^ a b c 清水一 (2012年12月25日). “「リッチマン、プアウーマン」スペシャルドラマで復活!小栗旬と石原さとみがひとつ屋根の下!”. シネマトゥデイ. オリジナルの2012年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121225134356/http://www.cinematoday.jp/page/N0048925 2012年12月25日閲覧。 
  6. ^ ドラマ「リッチマン、プアウーマン」公式 2013年3月1日の発言”. 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月1日閲覧。
  7. ^ a b Introduction”. 「リッチマン、プアウーマン」公式サイト. フジテレビ (2012年6月25日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月11日閲覧。
  8. ^ a b c d オリジナル コンフィデンス (2012年8月25日). “『リッチマン、プアウーマン』で描く「男のカッコ良さ」の今”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月25日閲覧。
  9. ^ a b 2012年9月度社長会見要旨”. こちらフジテレビ. フジテレビジョン (2012年10月2日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月3日閲覧。
  10. ^ a b c 武田篤典 (2012年7月5日). “ロング・インタビュー 小栗旬”. web R25. pp. 1-3. 2013年5月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。
  11. ^ この段落の出典。小栗旬が3年ぶりに月9主演! 石原さとみがヒロイン! 女性誰もが憧れるシンデレラストーリー!『リッチマン、プアウーマン』”. とれたてフジテレビ. フジテレビジョン. 2012年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月31日閲覧。
  12. ^ Topics#05(公式サイト)”. フジテレビ (2012年6月26日). 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。
  13. ^ Topics#18(公式サイト)”. フジテレビ (2012年9月14日). 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月15日閲覧。
  14. ^ a b Topics#04、公式サイト”. リッチマン、プアウーマン. フジテレビ (2012年6月15日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。
  15. ^ 石原さとみ、小栗旬に「キューンときた」”. ORICON STYLE. オリコン (2012年6月21日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。
  16. ^ 笹島拓哉 (2012年7月16日). “小栗旬さん(リッチマン、プアウーマン)”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. 2012年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月26日閲覧。
  17. ^ 岡部一志 (2012年7月10日). “月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」にて日本マイクロソフトが登場!”. The Official Microsoft Japan Blog. 日本マイクロソフト. 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月7日閲覧。
  18. ^ みなとみらいグランドセントラルタワー|ジャンルで探す|ロケなび!無料ロケ地検索サイト”. 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月17日閲覧。
  19. ^ a b プレスリリース フジテレビ月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の台本を「E★エブリスタ」で配信開始”. ディー・エヌ・エー (2012年9月4日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月6日閲覧。
  20. ^ ◆フジテレビドラマ『リッチマン、プアウーマン』放送”. つくばフィルムコミッション (2012年7月5日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月30日閲覧。
  21. ^ 【撮影】フジTV月9ドラマ「リッチマン, プアウーマン」の撮影が行われました”. 相模女子大学 (2012年7月17日). 2012年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月30日閲覧。
  22. ^ 出演者サインや台本も、フィルムコミッション(FC)が1周年迎え展示会/大和”. カナロコ. 神奈川新聞社 (2012年9月4日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月9日閲覧。
  23. ^ 伊豆急に乗って”. 番組公式ブログ. フジテレビ (2012年9月13日). 2012年9月30日閲覧。
  24. ^ 月9”. いすみ鉄道 社長ブログ (2012年9月10日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月29日閲覧。
  25. ^ 小栗旬&石原さとみ「リッチマン-」でNYデート”. サンケイスポーツ (2013年3月9日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月9日閲覧。
  26. ^ お知らせ”. リッチマン、プアウーマンスタッフブログ. フジテレビ (2012年8月29日). 2013年3月20日閲覧。
  27. ^ リッチマン、プアウーマン - フジテレビオンデマンド”. フジテレビ. 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月14日閲覧。
  28. ^ Topics#13”. 「リッチマン、プアウーマン」公式サイト. フジテレビ (2012年8月21日). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月21日閲覧。
  29. ^ ミトカナイトフジ!「リッチマン、プアウーマン」スペシャル動画”. フジテレビ(YouTube). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月3日閲覧。
  30. ^ NEXT INNOVATION、「ABOUT US」”. 2012年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月31日閲覧。
  31. ^ 出典:リッチマン、プアウーマン Blu-ray BOXおよびDVD BOX収録各回エンドロール。
  32. ^ NEXT INNOVATION、「STAFF」”. 2012年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。
  33. ^ サンガ (2012年8月18日). “※三箇一念ではありません。”. サンガ公式ブログ(GREE). 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月3日閲覧。
  34. ^ 母子の再会”. 番組公式ブログ. フジテレビ (2012年9月14日). 2012年9月15日閲覧。
  35. ^ ドラマ☆AWARD2012夏!!」『オリ★スタ』第36巻第1655号、オリコン、2012年9月24日、 36頁、2012年9月17日閲覧。
  36. ^ 「梅ちゃん先生」が3部門トップ / 夏ドラマGP”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2013年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月13日閲覧。
  37. ^ 「〈発表!〉第74回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン』第45号、角川マガジンズ、2012年11月、 36-39頁、2012年11月18日閲覧。
  38. ^ 〈有名人の公式アカウント活用レポート〉月9ドラマ最終回直後に16万件の感想が視聴者から石原さとみさんへ届きました”. LINE公式ブログ. LINE (2012年9月21日). 2015年10月25日閲覧。
  39. ^ この段落の出典。新・フジテレビ批評”. 新・週刊フジテレビ批評. フジテレビ (2012年8月4日). 2012年9月17日閲覧。
  40. ^ この段落の出典。木俣冬、河童、アフロそして……進化する小栗旬、月9「リッチマン、プアウーマン」”. エキサイトレビュー. excite (2012年9月3日). 2013年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月17日閲覧。
  41. ^ この段落の出典。宇野常寛、成馬零一「CYZO×PLANETS「月刊カルチャー時評」『リッチマン、プアウーマン』」『サイゾー2012年11月号』、サイゾー、日本、2012年11月、 116-119頁、2013年2月6日閲覧。(リンク先の文は前半一部のみ)
  42. ^ 出典:リッチマン、プアウーマン Blu-ray BOXおよびDVD BOX収録各回エンドロール。
  43. ^ “miwaが初の月9主題歌 “4つ打ち”で新境地”. オリコン. (2012年6月26日). オリジナルの2013年5月23日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/liveweb/http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2013504/full/ 2012年11月9日閲覧。 
  44. ^ “miwa、書き下ろし月9主題歌は新境地4つ打ちダンスナンバー”. ナタリー. (2012年6月27日). http://natalie.mu/music/news/71868 2012年11月9日閲覧。 
  45. ^ a b “miwa感激“AKB記録”に王手!”. デイリースポーツONLINE. (2012年10月5日). オリジナルの2012年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121006173616/http://daily.co.jp/gossip/2012/10/05/0005427566.shtml 2012年11月9日閲覧。 
  46. ^ 『リッチマン、プアウーマンinニューヨーク』でオンエア、miwaの新曲「Delight」がレコチョク1位!”. CDジャーナル. 音楽出版社 (2013年4月4日). 2013年4月8日閲覧。
  47. ^ 全放送回と平均の出典。小栗旬&石原さとみの“月9”「リッチマン、プアウーマン」 最終回は13.2%”. リッチマン、プアウーマン. Sponichi Annex (2012年9月18日). 2012年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月18日閲覧。
  48. ^ Story#10(公式サイト)”. 2012年9月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月9日閲覧。
  49. ^ 山根聡 (2013年4月10日). “【週間視聴率トップ30】「めちゃ祝」披露宴 瞬間最高22.9% 4/1 〜 7”. msn産経ニュース. 産経新聞社. p. 3. 2015年10月25日閲覧。
  50. ^ 「○△□」待ち受け画像!”. 江島史織 (2012年9月19日). 2014年11月17日閲覧。
  51. ^ a b c リッチマン ~嘘つきは恋の始まり~ (2018)”. allcinema. 2019年9月16日閲覧。
  52. ^ a b c d e f g h i 리치맨”. 방송 프로그램 정보. NAVER. 2019年9月16日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リッチマン、プアウーマン」の関連用語

リッチマン、プアウーマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リッチマン、プアウーマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリッチマン、プアウーマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS