ピトケアン諸島 ピトケアン諸島の概要

ピトケアン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 15:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ピトケアン諸島
Pitcairn Group of Islands
ピトケアン諸島の旗 ピトケアン諸島の紋章
国歌:God Save the Queen 女王陛下万歳
ピトケアン賛歌
公用語 ピトケアン語英語
首都 アダムスタウン
君主 エリザベス2世
総督 ローラ・クラーク英語版
島司 シャーリーン・ウォーレン・ペウ英語版
面積
 -  総面積 47 km²
 -  水面積率 (%)
人口
 -  推計2013年 56
 -  人口密度 1.19人/km²
3.09人/mi²
GDP (PPP)
 -  合計
通貨 ニュージーランド・ドル (NZD)
時間帯 UTC-8 
ISO 3166-1 PN / PCN
ccTLD .pn
Website
http://www.pitcairn.pn/
国際電話番号 64

1767年、イギリス軍艦「スワロー英語版」の士官候補生ロバート・ピトケアンが発見した。諸島の周囲300 kmには、他に有人島は無い。この絶海の孤島に人が住み着くようになったのは、映画でも有名な「バウンティ号の反乱」がきっかけである。現在ピトケアン島に住んでいるのは、この反乱に参加した水兵の子孫が主である。

地理

ピトケアン諸島の地図. 出典:CIA World Factbook
ピトケアン諸島を中心とした正投影図

唯一の有人島であるピトケアン島をはじめとする、散在する計5からなる。諸島といっても一番東のデュシー島から一番西のオエノ島まで500 km以上の広がりがある。

ピトケアン島

ピトケアン島は、火山性(最高峰が355 m)の島で、南緯25度04分、西経130度06分に位置する。面積は4.50 km2。海岸線は荒波の影響で大半は断崖絶壁か、岩がごろごろしている浜である。そのため、大型の船が島へ接岸するのは難しい。島の北部、海を見渡す丘の方にバウンティ号の反乱のリーダーであるフレッチャー・クリスチャンがいつも居たというクリスチャンケイブと呼ばれる洞窟がある。島の近くにはアダムズ・ロックとヤングス・ロックという岩石の小島がある。

気候は亜熱帯海洋性で、7月から12月は雨季である。夏季は20°Cから30°Cと温暖であるが、冬季には気温が12°Cまで下がることもある。

無人の島々

歴史

スペイン人がピトケアン島を発見した時には既に無人島であったが、15世紀頃までポリネシア人が住んでいた事が考古学的に明らかになっている。

1767年、カートレット艦長とピトケアン士官候補生がピトケアン島を発見している。このことを知った1789年4月の「バウンティ号の反乱」者たちが1790年1月同島に上陸し、自給自足の生活を始めた。しかし反乱者とタヒチから連行してきた者との間でトラブルが起き、生き残った反乱者4人の間でも殺人が起き、1800年ごろには反乱者の最後の一人ジョン・アダムスと9人のタヒチ女性と19人の子どもが暮らしていたという。1814年イギリス船が同島を訪れ、反乱が発覚した。1825年に恩赦を与えられ同島で亡くなったアダムズの名前にちなみ「アダムスタウン」という町名が残されている[4]

バウンティ号の反乱以来、その子孫が住み着いている。1829年にイギリスの領土であると宣言され、正式にイギリスの植民地となっている。




  1. ^ Oxford English Dictionary
  2. ^ City Population 閲覧日:2017年1月30日
  3. ^ 南太平洋の無人島にゴミ3800万個、日本からも ―世界遺産のヘンダーソン島、世界各地のプラスチックゴミが漂着―”. 日経ナショナル ジオグラフィック社 (2017年5月19日). 2018年1月7日閲覧。
  4. ^ 石森大和「ピトケアン諸島」/吉岡政徳・石森大和編著『南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア』明石書房 2010年 243-244ページ
  5. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月14日閲覧。
  6. ^ 板橋祐己. “わずか50人の住民のために切手を発行──「世界最小の郵政機関」はなぜ生まれたのか?”. オールアバウト. 2019年12月13日閲覧。


「ピトケアン諸島」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピトケアン諸島」の関連用語

ピトケアン諸島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピトケアン諸島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピトケアン諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS