PTP-IPとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > PTP-IPの意味・解説 

PTP-IP

フルスペル:Picture Transfer Protocol over TCP/IP networks, Picture Transfer Protocol over Internet Protocol
読み方ピーティーピーアイピー
別名:PTP/IP

PTP-IPとは、デジタル画像転送するためのプロトコルであるPTPPicture Transfer Protocol)の拡張仕様で、無線LAN通じ画像データ転送実現する規格のことである。

PTP-IPではISO標準規格にもなっているPTP基本的機能を保ちつつ、無線での利用を可能にした規格であるといえる無線利用するために配線の必要はなく、複数デジタル機器同時に接続することも可能となっている。またPTPは対応機器同士ではデバイスドライバなどを必要としないので、接続設定など行う必要がなく、データ転送を非常に簡単に行うことができる。

有限責任中間法人カメラ映像機器工業会CIPAによれば規格正式名称は「PTP-IP」とハイフンによってつなげられるが、TCP/IP表記のようにスラッシュを用いる「PTP/IP」の表記一般的に用いられている。


参照リンク
PTP-IP - (CIPA




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「PTP-IP」の関連用語

PTP-IPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



PTP-IPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPTP-IPの記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS