Low-Eガラスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > ガラス > Low-Eガラスの意味・解説 

Low-Eガラス

Low-Eガラス(Low Emissivity = 低放射)とは板ガラス表面酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーディングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線反射率高めている。
このため、Low-Eガラスを複層ガラス使用することで、中空層の放射による熱伝達低減し、高断熱性能実現させる。

LOW-Eガラス

Low emissivity(低放射ガラスの略称。放射率は、通常のガラスの0.85に対して、Low-Eガラスは0.1以下。 放射率が低いほど室内暖房エネルギー反射し、断熱性を向上させる複層ガラス使用すると、より断熱性・遮熱性を向上させることができる。




Low-Eガラスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Low-Eガラス」の関連用語

Low-Eガラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Low-Eガラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本板硝子日本板硝子
(C) 2020 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2020 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2020 Weblio RSS