A_to_Zとは?

A to Z

アルファベット最初の文字から最後の文字までを意味する語。転じて複数のものを全て網羅しているさまを表すこともある。

A to Z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/17 18:54 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
A to Z
ZZシングル
初出アルバム『A to ZZ Complete Single Collection
B面 I'll Be Back Again
Over the rain, Over the pain(通常版のみ)
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 ZZ
プロデュース ZZ
チャート最高順位
ZZ シングル 年表
喜びの歌 〜canto alegria〜
2003年
A to Z
(2003年)
Nobody Knows
2004年
テンプレートを表示

A to Z」(エー・トゥー・ズィー)は、ZZの6枚目のシングル

解説

表題曲は、フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』エンディングテーマに起用された。通常版は「Over the rain, Over the pain」を収録、ONE PIECE Editionは当アニメのジャケット仕様になっている。

収録曲

通常版

  1. A to Z
    作詞:SOTARO 作曲・編曲:ZZ
  2. I'll Be Back Again
    作詞:SOTARO 作曲・編曲:ZZ
  3. Over the rain, Over the pain
    作詞:SOTARO 作曲・編曲:ZZ
  4. A to Z 〜ONE PIECE Edition〜
  5. A to Z (inst.)
  6. I'll Be Back Again (inst.)
  7. Over the rain, Over the pain (inst.)
  8. A to Z 〜ONE PIECE Edition〜 (inst.)

ONE PIECE Edition

  1. Ato Z 〜ONE PIECE Edition〜
  2. I'll Be Back Again
  3. A to Z
  4. A to Z 〜ONE PIECE Edition〜 (inst.)
  5. I'll Be Back Again (inst.)
  6. A to Z (inst.)

AtoZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/19 15:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

メジャー女子プロレスAtoZ(メジャーじょしプロレス・エー・トゥー・ゼット)は、かつて存在した日本女子プロレス団体

歴史

2003年6月24日、フリーの堀田祐美子が率いるユニット「Z-SPIRITS」がアルシオンを吸収合併して設立。7月25日川崎市体育館で旗揚げ戦を開催。

2005年9月、事業停止になり元オーナーの小宮明夫とエージェントの小川宏(現:ロッシー小川)はKOプロダクションを設立。所属選手と全日本女子プロレス最終所属選手による自主興行「ドリームキャッチャー」のスケジュール管理を行う傍らJDスター女子プロレスと業務提携を結んだことを発表。その後、AtoZの別ブランド「ONLY ONE」を開催。

2006年1月、JDスターとの業務提携を解消して小川はJDスターの外部スタッフになった。5月3日後楽園ホール大会を最後に解散。

タイトル

  • AtoZ世界王座

所属選手

KOプロダクション最終所属選手

中島安里紗
メジャー女子プロレスAtoZ
ドリームキャッチャー

過去の所属選手

過去のスタッフ




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「A_to_Z」の関連用語

A_to_Zのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



A_to_Zのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのA to Z (改訂履歴)、AtoZ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS