AUTO RELAYとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 時計用語 > AUTO RELAYの意味・解説 

AUTO RELAY〈キネティック オートリレー〉

KINETICベースに、一時的運針止めエネルギー消費最小限抑える「パワーセーブ機能」と、このパワーセーブ機能が働いている状態でウオッチ数回振ると、回路内部刻み続けている現在時刻即座に表示する「自動時刻復帰機能」を備え機構
(1) パワーセーブ機能自動/強制
時計が使われていない時に無駄なエネルギー消費抑えるための機能
時計を外している状態が約72時間以上続くと、自動的すべての針が止まる。(自動パワーセーブ機能
また、72時間静止状態を待たずに強制的にパワーセーブ状態にすることもできる。(強制パワーセーブ機能
リュウズ通常位置(0段目)から1段引き出し、1秒以内通常位置(0段目)に戻す。)
(2) 自動時刻復帰機能
針が止まっているパワーセーブ状態でも、回路内では24時間制時間経過刻み続けている。時計使用再開すると、はじめに時分針が高速ステップモーター駆動し、そのあと秒針別のステップモーターで現在時刻追いつき、午前午後認識して正しい現在時刻表示。(ただし、カレンダー連動なし。)自動時刻復帰機能が働く期間は、充電量によって異なりますが、フル充電の状態でパワーセーブ状態になった場合は、最大4年機能
電池交換が必要ないKINETICをさらに使いやすくする機構です。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AUTO RELAY」の関連用語

AUTO RELAYのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



AUTO RELAYのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SEIKOSEIKO
Copyright © 2020. SEIKO WATCH CORPORATION

©2020 Weblio RSS