骨連結とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 連結・関節系の用語 > 骨連結の意味・解説 

骨連結

読み方こつれんけつこつけつごう
別名:骨結合
学名Junctura ossea, Synostosis
【英】:Bony union

 骨が骨質によって結合されているもので、寛骨のように腸骨坐骨恥骨が集まってあたかも1個の骨のようなものがある(例:寛骨仙骨尾骨)。仙骨仙椎骨結合により一つの骨のようになる。骨結合通常幼児には軟骨結合であって、これが後に骨化したものである。だから広く考えると、骨端線なども骨幹骨端とを結ぶ骨結合にあずかっているといえるいわゆる関節も同じように結合することがあるが、このときは骨結合とはいわないで、関節硬化または強直Ankylosisという。したがって強直はかつて機能していた関節であることが前提条件となる。ふつうの強直病的過程をもとにして生じてくる。

 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

骨連結に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「骨連結」の関連用語

骨連結のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

膝関節

脛腓関節

股関節

正中環軸関節

仙尾関節

足の関節

手の関節

足の関節





骨連結のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2017 船戸和弥のホームページ All rights reserved.

©2017 Weblio RSS