野依 良治とは?

野依良治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/25 16:32 UTC 版)

野依 良治(のより りょうじ、1938年9月3日[1] - )は、日本化学者有機化学)。学位工学博士京都大学1967年)。2001年に「キラル触媒による不斉反応の研究」が評価されノーベル化学賞を受賞した。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l ノーベル賞日本人受賞者7人の偉業【野依 良治】”. 国立科学博物館. 2014年10月3日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ http://en.nagoya-u.ac.jp/people/nobel/ryoji_noyori/index.html
  4. ^ 2015年03月07日 朝日新聞朝刊「理研・野依理事長、辞任へ 任期途中、高齢など理由」
  5. ^ 2015年05月21日 朝日新聞朝刊「JSTセンター長に野依氏」
  6. ^ Ohkuma, T.; Ooka, H.; Hashiguchi, S.; Ikariya, T.; Noyori, R. (1995年). “Practical Enantioselective Hydrogenation of Aromatic Ketones”. J. Am. Chem. Soc. 117: 2675–2676. doi:10.1021/ja00114a043. 
  7. ^ 教育再生会議. “第3回 規範意識・家族・地域教育再生分科会(第2分科会)議事要旨 (PDF)”. 2009年8月20日閲覧。
  8. ^ “事業仕分け:ノーベル賞受賞者の野依さん、科技予算削減を批判”. 毎日jp. (2009年11月25日). オリジナル2009年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091128142932/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091125dde041010060000c.html 2009年11月25日閲覧。 
  9. ^ “事業仕分け:刷新会議は野依さん批判「議論、知りもせず」”. 毎日jp. (2009年11月26日). オリジナル2009年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091127135856/http://mainichi.jp/select/biz/news/20091127k0000m020118000c.html 2009年11月27日閲覧。 
  10. ^ [2]
  11. ^ [3]
  12. ^ 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月26日閲覧。
  13. ^ a b c d e 山本尚「野依良治氏 -ROGER ADAMS賞受賞」、『有機合成化学協会誌』第59巻第6号、有機合成化学協会、2001年、 548頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.59.548
  14. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。
  15. ^ Fellowship of the Royal Society 1660-2015
  16. ^ a b 野依良治「私の履歴書」第1回日本経済新聞2008年9月1日付第44面
  17. ^ 「私の履歴書(3)」(日本経済新聞2008年9月3日掲載)より


「野依良治」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「野依 良治」の関連用語

野依 良治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野依 良治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野依良治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS