配向性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 配向性の意味・解説 

配向性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

配向性

 超電導層、中間層等の結晶軸揃い方の程度を配向性という。基板面に垂直な方向膜厚方向,c-軸方向)への配向と、線材長手方向結晶並びである面内配向(a,b-軸方向)の2つ超電導特性線材特性に重要な因子となる。

配向性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/17 10:18 UTC 版)

配向性(はいこうせい)とは、ベンゼン環上の親電子置換反応において、置換基が及ぼす反応位置選択性を言い表す化学用語である。




「配向性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「配向性」の関連用語

配向性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



配向性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2021 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの配向性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS