還元窯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 還元 > 還元窯の意味・解説 

還元窯(かんげんがま)

いぶし瓦製造するのに、焼成最後段階で燻化し、瓦の表面炭素微粉つきさすように付着させるが、そのための窯を還元窯という。 以前だるま窯使い200250で「あぶり」として10時間、さらに550700で「中だき」として6時間、850~1000で「本だき」として2時間、同じ温度で2時間の「練らしだき」を行う。この段階煙出し穴を閉じて、松葉などを入れて焚き口など全てを閉めて燻し始める。炭素水分化合して炭化水素となり、瓦の表面付着する。
現在では重油トンネル窯改良した還元窯により、燻し瓦大量生産されている。




還元窯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「還元窯」の関連用語

1
30% |||||

2
2% |||||

還元窯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



還元窯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2020 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS