赤八染とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 赤八染の意味・解説 

あかやしお (赤八染)

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

わが国本州東北地方南部から関東地方中部地方分布しています。山地の岩礫地に生え、高さは3~6メートルになります近畿地方から四国分布する「あけぼのつつじ」の近縁種です。楕円形先に5個ずつつきます。4月から5月ごろ、の展開前に淡い紅色の花を咲かせます。群馬県赤城山周辺に多いことから、別名で「あかぎつつじ(赤城躑躅)」とも呼ばれます。
ツツジ科ツツジ属落葉低木で、学名Rhododendron pentaphyllumvar. nikoense。英名はありません。
ツツジのほかの用語一覧
ツツジ:  蓮華躑躅  蝦夷紫躑躅  西洋石楠花  赤八染  躑躅  霧島躑躅  餅躑躅



赤八染と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

赤八染のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤八染のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS