藤後左右とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 藤後左右の意味・解説 

藤後左右

藤後左右の俳句

たかうなに幾千の竹生ひ立てる
まつさおな雨が降るなり雨安居
チキンライスと滝の睡眠不足な味
三月集会抜けて熔岩たちに会いに来た
何か言って滝を蹴ってるお嬢さん
兵隊の誰もが持つ遥かなるまなざし
口々に都をどりはヨーイヤサー
噴火口近くて霧が霧雨が
夏山と溶岩の色とはわかれけり
大文字の大はすこしくうは向きに
山羊が来て苦労をともにすると云う
志布志の家百舌と女が走っていた
恋煩いだろうか血を吐き胸が痛む
敬礼の上手と下手は生れつきだ
新樹並びなさい写真撮りますよ
曼珠沙華どこそこに咲き畦に咲き
横町をふさいで来るよ外套着て
炎天や行くもかへるも溶岩のみち
舞いたい鶴舞いたくない鶴一緒に舞う
軍曹に指揮は頼んであったんだ
軍艦は沈むが島は沈まぬぞ
 

藤後左右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/22 09:44 UTC 版)

藤後 左右(とうご さゆう、1908年1月21日 - 1991年6月11日)は、鹿児島県出身の俳人、医師(医学博士)。本名惣兵衛。東志布志村(現志布志町)生。1932年、京都大学医学部卒。松尾内科を経て京都市立病院に勤務。大学入学の1928年より高浜虚子に師事。1930年「ホトトギス」巻頭。1931年、「噴火口近くて霧が霧雨が」により『日本新名勝俳句』の帝国風景院賞(高浜虚子選)を獲得。1933年、平畑静塔らと「京大俳句」創刊。1941年医学博士。1943年応召。復員後、末吉町に藤後内科医院開業。翌年、布志町に藤後内科病院設立。




「藤後左右」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「藤後左右」の関連用語

藤後左右のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤後左右のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤後左右 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS