蔓鹿子草とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 蔓鹿子草の意味・解説 

つるかのこそう (蔓鹿子草)

Valeriana flaccidissima

Valeriana flaccidissima

Valeriana flaccidissima

Valeriana flaccidissima

わが国本州から四国九州それに台湾中国中南部分布しています。山地林床や谷沿いなど湿ったところに生え、高さは2040センチになります根生葉広卵形で、茎葉羽状に3~7裂します。縁には波打っ鋸歯あります4月から5月ごろ、中空伸ばして、先端集散花序をだし、小さな白色の花を咲かせます。名前は、基部から走出枝Runner)をだして広がることから。若い山菜として利用されます。
オミナエシ科カノコソウ属多年草で、学名Valeriana flaccidissima。英名はありません。
オミナエシのほかの用語一覧
カノコソウ:  バレリアナ・スピナ  バレリアナ・トリプテリス  鹿子草  春女郎花  蔓鹿子草
ケントランツス:  バレリアンレッド
ノヂシャ:  マーシュ





蔓鹿子草と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

蔓鹿子草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蔓鹿子草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.

©2018 Weblio RSS