胆道がんとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > 胆道がんの意味・解説 

胆道がん

胆道がんとは、肝臓で作られた胆汁十二指腸まで運ぶ胆道にできるがんのことです。胆道がんは、発生部位によって胆管がん胆嚢がん乳頭部がん分類されます。日本では年間20,000人以上の人が胆道がんを発症しています。胆道がんは、がんによって胆道閉塞し、胆汁胆管から血管逆流することで黄疸が生じて発見される場合ありますまた、血液腫瘍マーカー検査超音波検査CT検査MRI検査内視鏡逆行胆管膵管造影検査血管造影検査などの診断法によっても発見されます。胆道がんの治療は、化学療法抗がん剤)、放射線療法があまり有効でないため、遠隔転移のない場合には、外科手術第一選択となります。手術は、胆嚢胆管切除するだけでなく肝臓ある程度切除してがんの浸潤している部分取り除く必要があるため、非常に難易度が高いですが、術式術前後の栄養管理の進歩により治療成績年々向上しています。


胆道癌

(胆道がん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/24 02:17 UTC 版)

胆道癌(たんどうがん)は、胆道系に発生する悪性腫瘍の総称である。




「胆道癌」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胆道がん」の関連用語

胆道がんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



胆道がんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胆道癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS