職業に貴賎なしとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 職業に貴賎なしの意味・解説 

職業に貴賎なし

読み方:しょくぎょうにきせんなし
別表記:職業に貴賎無し

職業による社会的地位格差生じることは、あってはならない」、「どんな仕事しているかによって人を差別値踏みべきではない」といった趣旨用いられる言い回し貴い職業賎しい職業というような格差などない、職業によらず労働はすべて貴い営みである、というような意味合い込めて用いられる

要するに「職業に貴賎なし」は、職業差別戒める言葉であり、人を職業によって見下した格付けしりしようしがちな傾向に対する訓戒である。

いわゆるいやしい職業」は「賤業」ともいう。今日では底辺職」という呼び方賤業の意味合い含まれることも多い。賤業底辺職みなされやすい職種は、時代によっても異なる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

職業に貴賎なしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



職業に貴賎なしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS