群分離とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 群分離の意味・解説 

群分離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/19 15:11 UTC 版)

群分離(ぐんぶんり、: partitioning)とは、使用済核燃料の再処理により生じる高レベル放射性廃棄物の処分をより安全に行うために、その中から問題となる核種を半減期や化学的性質に応じたグループに分離することを言う[1]


  1. ^ 中村(1979) p.1
  2. ^ ATOMICA:HALW
  3. ^ 再処理工場にて、使用済み燃料を処理してプルトニウムとウランのほとんどを回収した残りのものがそのまま放射能高レベル廃液(HALW)となる。クローズド・システム(1973) p.3
  4. ^ ほか、放射性物質以外に、再処理工程中で添加された薬品のナトリウムなど、工程機器、塔槽類、配管からの腐食生成物を含んでいる。 ATOMICA:高レベル廃液の処理
  5. ^ クローズド・システム(1973) p.5
  6. ^ a b 原子力百科事典ATOMICA:群分離
  7. ^ 将来の廃棄物処理処分技術の考案 -分離変換技術による高レベル放射性廃棄物処分場の規模縮小-


「群分離」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「群分離」の関連用語

群分離のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



群分離のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの群分離 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS