筋書とは?

筋書き

読み方:すじがき
別表記:筋書

話の大まかな流れを記したもの物語どのように進行していくかをまとめた台本といった意味の語。演劇小説などにおける物語流れを指す場合の他に、事を思惑通りに進めるための想定手段進め方などを指す場合もある。

すじ‐がき〔すぢ‐〕【筋書(き)】

演劇小説などの大体の内容を書いたものあらすじ。「芝居の筋書き」

あらかじめ仕組んだ展開。「事が筋書きどおりに運ぶ」


筋書

読み方:すじがき

  1. 狂言大体の筋を書いたもの。〔歌舞伎

分類 歌舞伎

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筋書」の関連用語

筋書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



筋書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS