禾とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物名 > の意味・解説 

平仮名の「か」は「加」の草体片仮名の「カ」は「加」の偏。

名詞または動詞連用形の下に付いて、場所の意を表す。ところ。 あり- 住み- 奥- 山-(やまが

[0][1]

におい。かおり。 磯の- 移り-(

[0]

ハエ目カ科昆虫総称体長5ミリメートル 内外。体と脚は細長く口吻こうふん)が長い。はねは二枚細く透明。雌の成虫人畜より吸血して痒(かゆ)みを与え、種によってマラリア日本脳炎などの感染症媒介する。幼虫ボウフラさなぎ)はオニボウフラと呼ばれ、池沼水たまりで生活する。日本にはアカイエカ・シナハマダラカなど約100種がいる。 [季] 夏。 わが宿は-のちいさき馳走也 /芭蕉

鹿

シカ古名妻恋に-鳴く山辺に/万葉集 1602

くわ

[1]
徳によって教え導くこと。教化感化仁政の-を致れんには如かじ太平記 13
自然が万物育てる力。化育造化
生滅転変の理。変化変遷陰陽の-
接尾
主に漢語名詞に付いて、そういう物、事、状態に変える、または変わるという意を表す。「映画―」「自由―」「液―」など。

くわ [1]

古代中国武器の一。片方が出たほこ。

くわ [1]

五行ごぎよう)の第二季節では夏、方位では南、色では赤、十干では丙(ひのえ)・丁(ひのと)、五星では火星当てる
七曜の一。「火曜」の略。
律令制で、軍団一組兵卒一〇人から成る

[1]

たし算。 -減乗除
加奈陀カナダ)」の略。 日-貿易

[1]

それでよいとすること。 住み込みも-
よいとして認めること。 国民大多数が-とするならば…
成績を示す評語。「良」の次。あまりよくない及第できる成績優・良・-

読み方
のぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/14 20:23 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search



出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:58 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「禾」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
禾穀類 国語辞典
92% |||||

5
穀粒 国語辞典
92% |||||

6
穀類 国語辞典
92% |||||

7
雑穀 国語辞典
92% |||||




禾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



禾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの禾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS