白山一華とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 白山一華の意味・解説 

はくさん‐いちげ【白山一華/白山一花】

キンポウゲ科多年草本州中部以北高山自生し、高さ約20センチ全体に粗い毛がある。手のひら状の複葉。夏、先に白い花びら状の(がく)をもつ花を数個開く。白山最初に発見された。《 夏》「疾(はや)し—ひた靡き秋桜子


はくさん‐いちげ【白山一華】

〔名〕 キンポウゲ科多年草北海道本州中部以北高山草原生える。高さ一五〜三〇センチメートルは三出複葉長柄をもち根ぎわから生える。小葉は二〜三中裂、裂片はさらに分裂して終裂片は線形初夏長い花茎先の三枚総包の間から花柄出し白い花を五〜六個つける。がく片は五〜七個あり、楕円形花弁様をしている。はくさんいちげそう。《季・夏

(1940)〈川田順黒部へ「朝明にて吾が脚かろしいちめんに白山一華(ハクサンイチゲ)咲く谷間なり」


はくさんいちげ (白山一華)

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

Anemone narcissiflora var. nipponica

わが国中部地方分布しています。高山帯草地砂礫地に生え、高さは2050センチになります。根生葉は3出複葉で、小葉細かく裂けます。6月から8月ごろ、花茎伸ばし散形状に白い花を咲かせます。花弁はなく、5~6個の萼片花弁のように見えています。
キンポウゲ科イチリンソウ属多年草で、学名Anemonenarcissiflora var. nipponica。英名はありません。
キンポウゲのほかの用語一覧
イチリンソウ:  二輪草  姫一華  東一華  白山一華  秋明菊  菊咲き一華  藪一華



白山一華と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白山一華」の関連用語

白山一華のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白山一華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS