畦立機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 畦立機の意味・解説 

畦立機 (うねたてき)

畦立機 人力用の播種溝切りの器具である。主に畑作地帯の麦の播種溝切り用として、明治時代後期から昭和前期まで使用された。農家の手製が多い。左右両端作條ヘラ前に引いた溝に入れ、後向き姿勢で把柄を引きながら浅い溝を切ったそのため画線器とも呼ばれている。作条ヘラ間隔は46cmで、固定式である。柄の長さ163cm、長さ148cm、重さ10.6kgである。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

畦立機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



畦立機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS