破碎器とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 破碎器の意味・解説 

破碎器 (はさいき)

破碎器 飼料用かぶを始めかんしょ南瓜家畜給与する際に、家畜が採食しやすいようにこれらの材料飼料に入れて細切する器具である。金属の細切り部を除くと木製で、使う人の身長合わせた把柄がこれに取り付けられている。材料に入れ、上から突いて細切りした。かぶ切りとか切りという呼称は、使用した材料よるもので、細切り部にいろいろ工夫がこらされている。ほとんどの器具は、大正時代前期から昭和30年代前半まで使用された。飼料用である。全鉄製でS字型の刃の長さ12.5cm、柄の長さ59.5cm、把手長さ6.6cm、重さ0.55kgである。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

破碎器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



破碎器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS