猿セレモニーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 猿セレモニーの意味・解説 

猿セレモニー

読み方:さるセレモニー
英語:Monkey ceremony

2011年1月25日行われAFC(サッカー・アジアカップ)準決勝日本韓国戦で、韓国選手ゴール決めた際にカメラに向かって見せた、真似たしぐさ。パフォーマンス日本選手揶揄する行為であるとして物議を醸した。

猿セレモニーの語源は、「セレモニー」が日本言うところの「パフォーマンス」に相当するためである。ゴール後の祝福パフォーマンスのため、ゴールセレモニーゴールセレブレーション、あるいはセレブレーションなどとも言う。

近年FIFAワールドカップはじめとするサッカー国際的舞台において、観客選手相手チーム選手人種差別的な言葉身振りを示すといった行為が問題視されている。FIFAワールドカップでは2006年ユニセフ人種差別反対キャンペーン実施、「Say No to Racism」をスローガンに掲げ、2011年現在に至るまで続けられている。

日韓戦ゴール決めて「猿セレモニー」を行った選手は、スコットランドプレミアリーグ活躍している。当人試合後、日本揶揄するパフォーマンスではないと釈明している。

関連サイト
<アジア杯>奇誠庸の“猿セレモニー”に批判 - 中央日報日本語2011年0126


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猿セレモニー」の関連用語

猿セレモニーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



猿セレモニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS